2017年7月23日日曜日

【食べラー発祥のお店!?】舞香(恵比寿)

恵比寿にある「舞香」

「まいか」って読むんでいいんだよね・・・


名前と外観は町中華っぽくないけど、
町中華の《三種の神器》(=オムライス・カレーライス・かつ丼)こそないけど、
メニューは完全に町中華テイスト。


店内に入るとカウンター満席でテーブル席で相席となる。

「チャーハンください!」

まぁ、この席がクソ暑い。
外の熱気と厨房の熱気が押し寄せる灼熱地獄だ。

チャーハン来る前に卒倒しそう。。。

するとカウンター席が空いたので、
「移りますか。あちらのほうがまだ涼しいですよ」とお店のおかあさん。

もちろん命に関わりますから、即、移りますとも♪

カウンター席のほうがたしかにまだ涼しい。

そして、チャーハン登場。

オーダーしたときに大盛をたのまなかったら、おかあさんとっても寂しげだった。
どうやら大盛にしてほしかったらしく、普通盛りでは舞香らしくないのかもね。

十分、多いけど・・・(^^;


オイリーさを残しつつ、きざんだ人参が目立つ昭和なチャーハン。
味付けは意外としつこくない。


そこで登場が、卓上にある巨大なポット。
食べるラー油である。

《食べラーの発祥店》には諸説あるが、
ここ「舞香」もそのひとつ。ほかには日本橋「アジア料理菜心」、京都太秦「菜館wong」とか・・・

定食系オーダーのお客さんはライスにガバガバと食べラーをのせている。

私もチャーハンにのせてみよう。


少し遠慮気味にのせたが、うま~~~~~い!


この「舞香」のそばには、
かの有名な芸能プロ「スターダストプロモーション」がある。
本田翼や北川景子、山崎賢人に窪田正孝など、いまをときめくスターだらけだ。

そんな芸能人もお忍びで(笑)この「舞香」に来るんだろうか・・・

北川景子が汗だくになって麻婆丼を食べる姿を想像してみる。

ぽわーん
レンゲになりたい❤

いかんいかん。
暑さで妄想がひどい。。。

さて、食べラーのパワーで午後からの仕事もがんばろ!


舞香
渋谷区恵比寿西2丁目3−9 浦一MKYエビスビル 1F
電話: 03-5784-5845


2017年7月22日土曜日

【中村橋 最強のおふくろ居酒屋】伊都子さん

クマノミです。久しぶりのレポです。
今日ご紹介するのは

中村橋の穴場中の穴場!「伊都子」さん

ついに、この店の事を書いてしまった!
ホントは書きたくなかった。
秘密にしておきたかった!
でも、秘密というのは、つい誰かにしゃべってしまいたくなるものだ。


何がスゴイって、とにかく中村橋で30年以上。
開店当初から、足繁く通っている強者の常連客もいっぱい。

それに、ここは
「食べログ」にのってない!

こんな感じの入り口だから
暖簾を一人でくぐるのは勇気がいるかもね(笑)

はい、それではご案内しましょう!


店内はカウンターが10席くらいの小さなお店。
もうすでに常連さんが来ています。

早い時間帯は常連さんで混んでいて
夜9時以降に徐々に減ってくる感じでしょうか。

みなさん、この店に通うのが日課になってるんですね。

店をしきるママの「伊都子」さんは
中村橋の町のうつりかわりとお客様一人ひとりの人生を
暖かく見守ってきた方なのです。



瓶ビールがあるのだけれど、
今夜はボトルキープしていた赤霧島から。



ここではとにかく、ママとの会話を楽しむべし。
初めてのお客さんにも、とってもフレンドリーで
暖かい人柄に、いっぺんにファンになりますよ!


お客さんも良い人が多いし、カウンターですぐに打ち解けます。


カツオのたたきは、脂ものってボリューム満点
ここ、刺身美味しんだよね。


女将さんが一人でやっている店って、刺身が出せない店も多いんだけど
ここはね、美味しいお刺身を出してくれるんです。


このアスパラベーコンを見よ!ボリュームが違う!

ベーコンの脂がほどよくアスパラにからまり、
美味しさがジュワ~。


なす味噌いため。こういうのが良いんだよ。

これを待っていたんだ!


やっぱり、この季節は
ゴーヤチャンプルでしょう!ゴーヤの苦みがたまらんぞ!旨し!


チーズトマト焼き、来た~!
チーズの香り、とろーり、トマトと絶妙にマッチ!

メニューがバラエティにとんでいる!
巷の女将がやってる小料理屋とは、ちと違うのだ!


お客さんが差し入れしてくれたスイカをもらいました。

ここは、常連さんがいろんな差し入れをもって来てくれるので
時々お相伴にあずかったりしています🎵

とにかくこの店は、教えたくなかった!
いま、ホントに後悔している。
だがすでに、公開している。
喜酔人の読者の皆様には、そっと教えます。拡散不可(笑)

小料理 伊都子
練馬区貫井1-1-7 


【300円均一立ち飲み 】うけもち(水道橋)&藤井屋(水道橋)

今年のジャイアンツは《野球の神》にすっかり見放されてしまったのか・・・

球団ワースト記録の13連敗という屈辱も味わい、
首位広島は遙か彼方へ行ってしまった。

「それでも逆転優勝だぁ!」

・・・とはとても言えない状況ではあるが、
2位は十分に射程圏内にある。

そのためにも前半戦の最後となるヤクルト3連戦は大事だ。

だってヤクルトは巨人よりもさらに酷い状況だからね。
申し訳ないけど、ここはしっかり3連勝して勢いに乗って後半戦を迎えたいのだ。

そのヤクルトとの初戦には、
私のG友のなかでもとびきりアツイ精鋭4人で臨もうと思う。

石神井のボスT氏、呑兵衛女子Aちゃん、ナイスガイふっく、そしてさかばクンだ。

実はこのメンバーでは、昨シーズンのCS第1戦でDeNA、いやむしろDeNAファンに、
こてんぱんにやられているのだ。

今日こそ、このメンバーで勝ちたいと、4人とも燃えている。

しかし、Aちゃんとふっくは仕事でギリギリのドーム到着になるので、
ふたりのぶんも、T氏としっかり準備運動しておこうと思う(笑)

水道橋に数多くある立ち飲み店のなかでも人気の「うけもち」
初訪問だ。

張り切りすぎて17時の開店前から店の前で待つ。


こちらは基本300円均一のキャッシュオンデリバリー。
ホッピーセット300円って安っ!


300円ですから中ジョッキといってもやや小ぶりだ。
乾杯!


カウンターには料理ケースがあって、枝豆やらおひたしやらが並んでいる。
そのなかでもひときわ目立った黄色いこんもりしたこいつを頼んでみた。


スパサラだ。

盛りがすごい!
冷製カルボナーラとも言える、味と分量。
これはきっと人気メニューなんだろうな。


カツオ刺し。

こちらは注文を受けてからさばいていたね。
だし醬油にはわさびでも、しょうがでもなく、刻み大根。
これが美味いんだな。


おもしろいのは焼酎セルフシステム。

先ほどのメニューに書いてあるが、
ロック・水割り・お湯割り、飲み方を伝えて300円払うと、
飲み方に応じたグラスが渡され、ここにある瓶・甕から自分で焼酎を入れるのだ。


ロックを注文すると、このグラスに氷が入って渡されるので、
自分で最上段にあった「さくらじま」をなみなみ注ぐ。



しらすおろし


ロックをおかわりして、もう酔い感じに仕上がった。

このまま居着いてしまいそうなので、
3杯目のロックはガマンしてそろそろドームに向かおう。


「うけもち」という店名は、
日本神話に登場する「保食神(うけもちのかみ)」からつけたものだろう。

食物・穀物の神様(女神とされる)だからね。

そして、肝心の試合だが、田口がテンポ良く投げ、巨人の快勝!
晴れてこのメンバーでの初勝利となったのだ\(^o^)/

この日は「野球の神様」ではなく、「うけもちのかみ」の御利益だったね(笑)

しかも、20:20にゲームセットだなんて素晴らしすぎる。
この時間なら余裕で祝勝会できちゃうじゃ~ん♪
田口エライ!

「藤井屋」に行くと、店内はすでに満卓。
すると外にテーブルを出してくれるという。

夏だし、屋外で餃子&ビール、むしろ最高じゃないっすか。




そのあとやって来たジャイアンツファンとも意気投合して、
外のテーブル席はいつのまにか10人の大祝勝会になっていた(笑)

こういうファン同士の交流って楽しいよねぇ~

さぁ、由伸GIANTS! 
後半戦の猛反撃を期待してるぞ!


うけもち
千代田区三崎町2丁目15−2
電話: 03-3234-5664


餃子専門店 藤井屋
千代田区三崎町2丁目21−11 エビスビル
電話: 03-3239-8295



【自家製麺はじめました】元祖名古屋 台湾ラーメン 味世(石神井公園)

おととい「味世」のTwitterにこんな告知がされた。

明日から遂に「自家製麺」となります!
福島本店で研究に研究を重ね作った自信作です。
細麺で腰があり喉越しもバツグン、食べやすく短めになっています。
この夏を味世の台湾ラーメンで乗り切りましょう!

自家製麺だって!
こりゃ、すっ飛んでくでしょっ!


実は、最近本気で痩せようとおもって各所で「〆ラーやめる」宣言をしているのだが、
いきなり破ってしまった。。。

まぁ、自家製麺デビューの日ですもの。
これは致し方ないよね・・・ヽ(´o`;


でも、ちゃんとハーフサイズにしましたよ・・・

台湾ラーメン(ハーフ) 650円


今日も肉味噌とニラが美しい。


おっ!
《SNS投稿でトッピングがその場でGET!》キャンペーンもやっているのか。
そういえば、これも少し前にツイートしてたなぁ。


・・・ってことで、すぐにツイートして、小ライスGET!
ハーフにした意味がまったくない(笑)


これが自信作の自家製麺か。

細ストレートでぱつんとした食感は以前とそんなに変わった印象はなかったが、
前の麺がとても好きだったので、むしろホッとした感じ。

きっともっと細かいこだわりや違いがあるのだろうが、
さかばクン程度の舌と2軒飲んだあとの酔っ払いには正直わからないのだ。



▼これは以前食べたときの麺リフト写真。
やはり画像ではわからないな。
AIだと判別できるのだろうか(笑)



小ライスは残ったスープに投入しようかと考えたが、
ここは追い飯にせず、スープに残った具をライスにオンして食べた。

これだと"食べラー"感覚で、おだやかに食べられるね。



「味世」の入るビルは、なかなか良店が多い。
海音、那辺屋、好又香。

そこに石神井住民をざわつかせるお店が最近オープンしているのだ。
その名も「夜の動物園 コミカル」(笑)。

どんなお店なのか。ちょっと聞いたけど・・・

ナイトサファリツアー、いつか決行してみたいものだ。


やっぱ味世、うまいよ。
〆ラーやめたのに、またTwitter見て来ちゃいそうだな(^0^;)

ごちそうさまでした!



元祖名古屋 台湾ラーメン 味世(石神井公園店)
練馬区石神井町7丁目1−3 Tビル
電話: 03-6913-3795




2017年7月21日金曜日

【さかばクンもビックリ! もっと早く来るべきだった】インド料理の店 シルザ ナ(石神井公園)

石神井公園南口パークロードにあるインド料理の店「シルザナ」

石神井にあるこの手のお店のなかでは一番の老舗だろう。

にもかかわらず、私は一度も入ったことがなかったのだ。

ヤマピカちゃん・きんぐちゃんは「シルザナ」のファンで何度も来ているらしいのだが・・・

別にエスニック系がキライというわけでないんだよ。
なんとなく入るタイミングを逸してしまい、そのままズルズルと。。。って感じさ。


この日は、ぴょんさんが「シルザナに行ってみたい!」と突然言い出した。

ぴょんさんもシルザナには行ったことがないからチャンスをうかがっていたようで、
うだるような暑さのこの日は、まさに"カレー日和"だ(笑)

よし、シルザナ行こっ♪

ぴょんさんと次男と3人でランチタイムに初入店だぁ!

平日だけでなく、土日祝もランチタイムの設定があるのは嬉しいね。

カレーやタンドリーチキンなどインド料理がメインだが、
ネパールのモモや、タイ風チャーハン・インドネシア風ナシゴレン、
ベトナム風フォー・生春巻きなど、インドにとどまらずレパートリーは幅広いようだ。


チキンマサラ・チキンバター・豆カレーの3つをすべて中辛(レベル3)でオーダー。


やっと来られたんだから、インドとネパールのビールで昼ビーしちゃおーね。
乾杯!

ランチにはランチドリンクのサービスがつく。
次男はマンゴージュース。


ランチのサラダ。
かかっているドレッシングが美味しいとサラダをもりもり食べる次男。


ビールのおつまみに頼んだ、生春巻き。


つけダレ2種。中もしっかり詰まっていて美味しい。


そして、シルザナ名物「チキンティッカ」
骨なしのタンドリーチキンだ。

シルザナはよく商店街のお祭りや照姫まつりで出店を出していて、
このチキンティッカはそこで食べたことあったが、
やはりお店で食べると一段と美味い!

右奥にある緑のソースの正体がよくわからないのだが、
このソースがいい仕事すんだわ。


私がランチドリンクを飲まないので、ラッシーも次男のものとなった。

初ラッシーの次男、おそるおそる飲み始めたが、
すぐに「うんめぇ~」とヤマピカちゃんのような雄叫びをあげていた(笑)


さぁ、来たぞ!
チキンマサラ。


チキンバター。


豆カレー
レンズ豆、私は結構好きなんだけど、次男は苦手っぽかったな・・・


ナンナンダ~~~

すみません。お約束の驚き方で(^^;

焼きたてのナン、とにかくデカイ!
1回までおかわりできるって書いてあったけど、これはおかわりしなくて大丈夫そうだ。


そしたら、ライスの盛りもいい(^0^;)

こちらも1回までおかわりサービスなのだが、
ふたりが食べきれないナンも回ってきたので、さすがの私もおなかパンパンだよぉぉぉ。


キリンの中生が250円というのには驚いたから、おかわりビールはキリンで。



カレーに一回しされていたのってサワークリーム?、生クリーム?

あれって数字なんだって。

あとでヤマピカちゃんに教えてもらったんだけど、
辛さレベルの数字が書かれているのだ。

スクロールして前に戻って欲しい。

ほんとだ!

どのカレーも中辛をオーダーしたから「3」って書いてあるや(笑)
ちょっと3に見えないのもあるけど・・・

シルザナ、どれも美味しいじゃ~ん。

店の中が見づらいからよくわからなかったけど、お客さんも次々やってくるし、
やはり長く続いているお店にはちゃーんと理由があるのだ。

なんでもっと早く来なかったんだろ。

チャーハンやナシゴレンも焼きそばも気になるところだし、
インドウイスキーで作るハイボールなんてのも飲んでみたいぞ。

今度はヤマピカちゃん、きんぐちゃんと一緒にワイワイ来るのがいいね。



インド料理の店 シルザナ
練馬区石神井町3丁目27−6 辻川ビル 1F