2018年2月23日金曜日

【お店のチキンステーキ】鶏肉の生干しと絶品のぶりユッケ

こんばんは。こめまるです。

意外と難しいと思ってるのがチキンステーキです。

シンプルな調理法ゆえ決して不味くはならないものの、微妙に鳥の臭みというか水っぽさを感じる仕上がりになります。塩加減も意外と微妙です。ファミレスなんかで出てくる「素材の味を殺したチキンステーキ」の方が美味かったりして。皮もなかなかパリッとはなりません。

そんな問題意識を抱えながら焼酎を飲みながら、料理系のWebをつらつら眺めていたら以下の記事に目が止まりました。

乾燥熟成チキンステーキ、ブロイラーが地鶏の風味に変身!?

これだ!

鶏肉を乾かせば、あの嫌な水っぽさも消えるに違いない!

すでに成功を確信ですよ。

早速、ブロイラー1Kgを西友で購入。


塩を0.8%くらい計ります。


塩をまぶすのにトングとポリ袋を駆使します。素手でやらない方が良いですね。

以前、塩豚を腐敗させたことがあります。1,000円以上の肉に手間暇掛けてゴミを作った、あの時の虚しさは忘れられません。

流石に1kgは多いので、一枚300gは私のスープジャー用に小分けして冷凍しました。残りは700gだからそれでも結構な量か。

そして吸水機能に特化したリード・クッキングペーパー。


この手の用途にはピチットシートが有名ですが(え?有名じゃない?)あれは高いのでこれでいきます。


半切れ分は外干しにチャレンジ。どこのご家庭にもある(?)干物ネットに入れて日陰で干します。


冷蔵庫の方はイマイチ吸水している気配がなかったので重しを掛けてみました。


こちら、半日後の干物バージョンです。いい感じで水分が抜けてます。


食中毒を恐れて少量の試し干しだったんですけど、気温10度以下の冬だったら絶対問題ないですね。全部外干しにすればよかった、と思ったくらい。

こいつらを焼いて行きます。

目立つ油をざっと取り除いて、冷蔵庫干し一枚をステーキ。


外干し&残りの冷蔵庫ぼしをグリルで。


まずはグリルが完成。


それからステーキ。


予想通り大成功です。

皮はパリパリ。臭みもいい感じで抜けてました。チキンステーキの肉は干すに限るな。ちょっと手間は掛かりますけど、もも肉もそれなりにいいお値段がしますからね。ちゃんと食べたいじゃありませんか。

あとは自分用に作ったつまみがめちゃくちゃ美味かったのでご紹介。

写真が汚くてすみません。こんな美味いなら、小賢しく盛り付ければよかったと少し後悔です。


ぶりのユッケはめちゃうま。Webに転がってるどこかのレシピでユッケのタレを作って、刺身と和えて卵黄のっけるだけです。まじまんじです。最高です。

試してませんが、マグロよりもタイよりもぶり系が合うじゃないかな。アジもいい予感はしません。案外サンマ、イワシ刺は合いそうかも。いやいや、どれもそれなりに美味いに違いない。また試そうと思います。

2018年2月22日木曜日

【酒場としても使える攻撃的中華】創作中華 好吃(ハオチイ)(井荻)

ヤマピカにとっては近くて遠い駅。。。井荻。

いやホント住んでるトコから直線距離では近いんだけどなァ〜。。。何故か訪れない(^_^;)

と、いうわけで意を決して向かってみた。大森喫茶酒店の主人・大森君からオススメされた店があることを思い出したからだ。創作中華 好吃ってとこっす。

こんな駅前だったっけ笑

おお~これが言ってた店か!

駅改札から商店街を歩いて2~3分であろうか、すぐに店は見つかった。

軒先に掲示されたメニュー黒板を見るだけで結構な勢いを感じるな!


よく見ると全体的にかなり良心的な値段だ・・・!

さて入店。たまたまエアポケットな時間帯であったのか、お客さんは殆ど居なかった。

店内はわりとこじんまりしており、テーブル席は4つほどだったかな?

こじんまりだが綺麗

入り口すぐの2人がけテーブル席に腰を落ち着けると、ちょうど目の前に冷蔵庫が。サッポロラガー赤星が入っているのを見て迷わずオーダー。

サッポロ酒場というだけで推せるッ!

お通しはザーサイだ。臭みなくナカナカ美味い。これだけで赤星を呑み干せなくはないぞ笑

さてンゴゴとビールを流し込みながらメニューを拝見するわけだが・・・これがまたすごい品数なのだ・・・!

赤文字メニューって珍しいな。なんかどっかの大学の学生会館っぽいよ

酒の肴が充実しているな。まぁ一品はこの辺からいくかね

う~む、おつまみだけで16品種。量がわからないから組み立てが難しいな(^^;

どわぁぁぁぁ!!!すげぇなこの品数は・・・ッ

まだ続きます汗

そしてこの飯物の多さよ!

生はサントリーか。

紹興酒は勿論、サワーやホッピーまで広角的に対応

いやぁ~メニューを眺めるだけで相当時間を要したわ笑

結構悩んだけど、豚しゃぶのにんにく旨味醤油がけをオーダーした。価格も380円と良心的だ。


ギュッと濃縮された豚しゃぶ肉に、かなりいい感じの量のニンニクが

スライスきゅうりと一緒に喰らう

これはかなりニンニクパンチ効いとる一品や!!醤油も確かに旨味あるもの。だがきゅうりのおかげで割りとアッサリサッパリと食べられちゃう。でも酒加速。う~ん、こりゃ危険な代物ですわ!

たまらずホッピーセットで。
致死量水位にびっくりする。しかもキンミヤ使用との事で、ゴキゲンだわ!

デフォルトでこの水位、すんげな!

いい色味となった

この後もう一軒覗きたいお店があったので、この水位でナカおかわりはそれこそ自殺行為だ笑

不本意ではあるがナカイチ・ソトイチでやっつけていくことにする。

そのお供には海老と豆腐の旨煮を選択する。やったらトップページで推してたからな笑、しかも単品で600円!

しかしこれは・・・

お分かり頂けただろうか・・・。めちゃくちゃ量あります(^_^;

奥のホッピーセット、脇のスマホでサイズ感を読み取ってみてください!

こりゃ食べ物はここで打ち止めせざるをえんナ・・・

木耳、豆腐、海老とかなり具沢山だ!

さっきの旨味醤油がけのインパクトが残っているのか、それともこの旨煮そのものにも使用しているのか、これも結構ニンニクパンチが凄いやんけ!すでにちょっと臭いレベルだぞ笑

アカンアカン、ホッピーで薄めていかないと・・・!

ゴクゴクゴク・・・

半ば城を落とすような気持ちでホッピーと共に旨煮に攻め入る。
ふと気づいて周囲を見渡すと、いつのまにやら満卓状態、何事ッ!?

すんげぇな笑 やっぱ地元の人気店なんだ!

隣席に座っているお客さんのテーブルには次々と料理が運ばれてきている。チャーハンやらギョウザやら・・・その全てが滅茶苦茶ボリューミーで美味そうや!こりゃ何人かで来てワイワイやったほうがエエ店やったかも・・・(^_^;

なんとか旨煮もやっつけて御会計だ。そうすっとお店のおかあさんからチョコレートセットが。

なるほど、ちょっと早いがバレンタインデーのサービスということか!

地味に嬉しい

しかしどうしてもニンニク臭が口内から抜けきらない・・・。

チョコレートを頂く前に近隣のセブンイレブンでブレスケアを購入し、これまた致死量レベルで噛み締めたのであった・・・

さ~て次の店に行ってみっかぃ!


店名:創作中華 好吃
住所:東京都杉並区下井草5-23 ドエル杉並 1F
TEL:03-3397-4139
営業時間:
(平日)11:30~15:00 17:00~22:30
(土・日・祝)11:30~22:30
日曜営業、1,3,5水曜定休

【構成点の高いとんこつ醤油】睡大虎(石神井公園・大泉学園)

もう何年も前からあるのに、なぜだか一度も入ったことのないお店ってあるものだが、
ここ「睡大虎」もそのひとつ。

井草通りを北上、石神井中学校の交差点を大泉外環IC方向へそのまままっすぐ進み、
西武池袋線の高架をくぐったすぐ右手にある。


まずはメニューチェック。


飲み対応もできるラーメン店と聞いていたとおり、つまみも充実。


黄金やきそばってなんだ!

めちゃくちゃ気になるじゃないか。
でも、17:00からのメニューなのかよっ。


結構バリエーション豊富なんだぁ。



日曜日だったので、どうしても昼ビー気分に浸りたかった(^^;


この日は、次男と一緒。
次男と二人きりで昼ご飯をソトで食べるのって久々だな。

うちの次男はやたらキムチ好き。

キムチがあるといつまでも食べ続けているのだ。

我が家の「こくうま」が3パックも常備されているのは、
次男のせいといっても過言ではないだろう。

その次男、めざとくキムチを見つけ、案の定キムチが食べたいと言い出す。

まぁ、ノンアルのアテにもなるかとオーダー。

そしたら次男には好みの味ではなかったらしく、私に大半が回ってくる。
「こくうま」じゃなきゃダメなのかよっ!


こっちがノンアルについてきた枝豆。


塩ラーメン好きの次男は、
「睡大虎」の名物メニューでもある「土鍋とり塩らーめん」をオーダー。

蒸し鶏とキャベツがたっぷり入った鶏白湯の塩ラーメンは、寒い季節に最適だ。

蒸し鶏にすこし鶏特有の鶏臭さを感じるので、ちょっと苦手な人もいるかな・・・私ならラー油を回して食べたくなる。


入店するやいなやすぐにオーダーを取りに来たがる店員さんには少々焦ったが(笑)、
その店員さんのオススメに素直に従い、
私は「とんこつ醤油ラーメン」「ミニチャーハン」にした。

あとから入ってくるお客さんはほとんどが「つけ麺」をオーダーしていた。
こちらは「つけ麺」が一番人気だったのか・・・




そして、着丼!

え???

メニュー写真よりも実物が見劣るケースはさんざん経験してきたが、
この「とんこつ醤油」は実物が写真以上に美しい😚


背脂たっぷりのスープにのせられた炙りチャーシュー3枚の勇ましい姿。
天を突き刺すような海苔の角度とそれを支える味付半玉。

色合いも黒・橙・茶・緑・白と素晴らしいじゃないか。


この時点で予想をはるかに上回る構成点(ビジュアル)をGET!

あとは技術点(味)だ。


三河屋製麺のカレンダーが貼られていたので、三河屋製麺製のはず。
太めのわしわし系でスープとの相性はgood!

デフォルトの麺量が200gというのはつけ麺ではよくあるが、
スープ麺だとかなり多く感じる分量だ。

意外と減っていかない。。。

炙りチャーシューも肉厚で美味い。
半ライスでチャーシュー丼にしてもよかったな。

スープだが、前半は背脂の旨味を感じるかなり好みのタイプ。
しかし、後半になるとスープの甘みが目立ってきて少々飽きてきた。

卓上調味料で上手に味変すれば良かったかも。

しかし、総合的にみると、
この背脂たっぷりの「とんこつ醤油」は想像以上にアリだった。

おそらくこってり好きの長女も、この味は好きだろうな。


麺量が多いにもかからず、
オススメされた「ミニチャーハン」も頼んでしまったんだった・・・

こちらも「ミニ」という割には、たっぷり盛られた分量だ。

とうもろこしの甘みが際立つ優しい味のチャーハンはなかなか美味。
変に濃い味付けじゃないところがいい。


「土鍋とり塩らーめん」をぺろっと平らげた次男。

その前に、私のとんこつ醤油を一口食べたら「こっちの方が好きだな」って言いながら、
私のもずいぶん食べてしまった。

胃袋がますますパワーアップしているようだ。

中学生になったらどんだけ食べるようになるんだろ。
ちょっと楽しみ♪


看板には《つけ麺・らーめん》のほかに《焼き鳥》とも書いてある。
夜は焼き鳥で飲めるとも聞いたんだけど、ランチメニューに焼き鳥はなかったなぁ~

「黄金焼きそば」がとっても気になるので、夜に再訪だぁ!

ねっ、ヤマピカちゃんっ!



「大虎」は大酔っ払いのたとえだが、
「睡大虎」は泥酔して寝ちゃった人のことなのかな(笑)

水島新司の『あぶさん』に登場する「大虎」。

野球選手がひょっこりあらわれるこんな居酒屋が本当にあったら最高なんだけどなぁ~




睡大虎
練馬区石神井町8-16-2
電話:03-5910-6710