2015年9月30日水曜日

串だおれ&海鮮魚升(水道橋)

生まれながらのジャイアンツファン、さかばクンです。

巨人戦を観るために水道橋にやって来ました。
まずは観戦前にテンションを上げていきましょう!

狙っていたお店が17:00開店。
このときまだ16:45。
15分待つのはしんどいので、目の前にあったすでに開いているお店に入ることにしました。

この日の対戦相手は阪神ではありませんでしたが、
大阪串カツの店に入ります。
「串だおれ」です。

噂の50円串カツと標榜していますが、50円は豚バラだけですね・・・


とりあえずビールです。
串カツ店のお通しは生キャベツが定番。
ソースのほかに、ごま油がついてくるのはちょっと珍しいかな。

噂の50円「豚バラ」(右)・玉ねぎ(中)・きす(左)
豚バラ、思っていたより大きく食べ応えありました。
これで50円は確かにいいですね。


17時になったので、ビールのおかわりもせず、さくっと会計を済ませます。
1010円でした。

レシートを見るとお通しが税抜き300円。
ちと高いですかね。
串カツ田中のお通しキャベツは250円だったはずです。

さぁ、こちらが狙っていたお店の「魚升」です。

立ち飲みと聞いていたのですが、入るとカウンターにも椅子が並んでます。
どうやら「立ち飲みスタイル」はやめたようです。


黒板メニューにあった「お一人様セット」(880円)なるものを注文。
・本日の鮮魚2種
・地魚のなめろう
・日替わり小鉢

ビールはすでに飲みましたので、日本酒にします。
試合前ですので、縁起のいい名前のお酒にしましょう。

お通しと「開運」(静岡)です。
チェイサーもいっしょにすぐ来る当たりは好印象♬


こちらが「お一人様セット」
いいじゃないですか!

鮮魚はキハダ真鯛
小鉢は活しらすの沖漬け
アオサのだし巻き玉子もついています。

このお一人様セット、日本酒が進んじゃいます。
観戦前だというのに「花春」(福島)もおかわりしちゃいました(笑)

今度はもうちょっとゆっくり腰を据えて飲みたいお店でしたね。

さぁ、いざ東京ドームへ。


もちろんドームでも飲みまくりですよ!



酒パワーもあって、この日の巨人広島に快勝でした。
このときは「この勢いで大逆転優勝あるかもっ」って思いましたが・・・

昨夜、ヤクルトが負けましたので、まだかろうじて「4連覇」の可能性が残されています。

ジャイアンツファンとして最後まであきらめずに応援したいと思います。



串だおれ 水道橋店
千代田区三崎町2-11-10 菊ビル1F
03-6261-4205


海鮮 魚升
千代田区三崎町2-21-11 ゑびすビル1F
03-3221-8860



2015年9月29日火曜日

極ジョー(立川)


和歌山県に足を踏み入れたことがない、さかばクンです。

この日はラーメン気分でしたので、
立川の「ラーメンスクエア」にやってきました。

こちらはワンフロアに7つの人気ラーメン店が集結しており、
ラーメン好きにはたまらないスポットです。



そのなかから選んだのは新和歌山らーめんのお店「極ジョー」


味玉和歌山らーめん(830円)をポチッとな☆
実はこのとき、さかばクン、やらかしてました・・・


席について、替玉もあるんだなぁ~
・・・なんてのんきに写真を撮っていたら、
次に入ってきたお客さんが
「おつりをお忘れではないですか?」って170円渡してくれたんです。

うわっ! 恥ずかしい。
食券機の写真撮るのに夢中で、おつり取るの忘れてたなんて。。。

きっとその場面から見ていたんだな。

「ありがとうございます!」


























スープは豚骨醤油。
麺は細ストレートパツパツ系。
「固め」でオーダーしました。



替玉しようか、食べながらものすごく悩みましたが、このところ体重がヤバイので、
ぐっとこらえます。
そのかわり、替玉した気分でもやしと高菜を加えて味変です。


なんか店の前にトロフィーあるし、人気店の「極ジョー」。
味は十分美味しいんだけど、それ以上を感じないというか、
私的にはあまり特徴を感じないお店だったなぁーーー

おつりを渡してくれた紳士にもう一度お礼を伝えて店をあとにします。


実は、和歌山県はヤマピカリャーさんのふるさとなんですよ。

和歌山でいつか「喜酔人会」ができたらいいなぁ~
と夢見る、さかばクンでした。



極ジョー
立川市柴崎町3-6-29 アレアレア2F
042-521-5068


2015年9月28日月曜日

ゆパウザひばり&和牛(ひばりヶ丘)

家族全員が銭湯♨大好き、さかばクンです。

シルバウィークだというのに、
さかばクンの3人の子どもたちは部活やらなんやらでそれぞれに忙しく、
お出かけらしいお出かけはしませんでした。

ならばせめて近場の銭湯にでも行って、温泉気分を味わいましょう。

ぴょんぴょんさんがお気に入りの「ゆパウザひばり」へ向かいます。

ゆパウザは、種類豊富なジエットバスのほか、
薬湯、サウナ、露天風呂とバラエティに富んでいて
我が家の子どもたちも大好きなんです。

ぴょんさんがお気に入りの理由は、強力なボディジエット です。
ジェットの勢いで弛んだお肉が吹き飛ばされるような気になるんだとか(笑)

たっぷり、ゆっくり、お風呂につかったあとは
フロントで販売している生ビールをいただきます。

あまりに喉がカラカラですぐに飲んでしまったので、写真撮り忘れちゃいましたが、
ジョッキがキンキンに冷やされていて
ゆパウザの生ビールはメチャウマなんです。

子どもたちは銭湯の定番コーヒー牛乳を飲んで喜んでいます。

家ではコーヒー牛乳はあまり飲まないのに、
銭湯に連れてくると飲みたくなるようです(笑)

お風呂でまったりしてしまったら、
どこぞで夕飯も済ませていこうということになりました。

移動するのも億劫なので、ゆパウザのお隣にある「焼肉和牛」へ。

何のひねりもない“ド直球”なネーミング(笑)
前から気になっていました。

隣接する栃木屋肉店直営の焼肉店です。

扉をあけるとカウンター席は空いていましたが、
3卓?(4卓?)ある小上がりの席は満卓です。

ダメかとあきらめたそのとき・・・

「地下のお席にどうぞ」とオネエサン。

え! 地下があるんですかっ!?

階段を降りたらびっくり、1階よりはるかに広い客席があり、
数組がすでに食事を楽しんでいました。
いやはや、地上からは想像できないような結構な広さですよ。

メニューをチェック。
さすが肉屋直営、コスパが良さそうですよ。



また生ビールを飲んじゃいます♪
ゆパウザがキンキンに冷えていたので、
とってもぬるく感じてしまいました・・・
このあとはレモンサワーに切り替えましたよ。

キムチ盛り合わせ
辛さはほとんどありません。
この3種ではカクテキが一番好きだったな。


キムチは手早く来たんだけど、このあとの料理がなかなか来ない。
地下席なので忘れられちゃったかなと思うほどです。

どのくらい待ったかなぁ~
結構待たされましたよ。

ようやくオネエサンが大きな箱形トレイに注文した品をいっぱい入れて階段を降りてきました。

こちらの地下席は1階からのリフトがないので、
階段を行ったり来たりして料理を運びます。

そのためできるだけいっぺんに持ってきたいんでしょうね。
頼んだ品々が一斉に机に並びましたよ(笑)

その気持ちはわからんではないけど、
店本位のこのシステムは改善の余地があると思うなぁ~


特上タン塩

ハラミ×2

カルビ×2

塩ホルモン


コブクロ


さすが肉屋直営。
お肉類は値段以上の美味しさに感じます。


ぴょんさんオーダーの冷麺
私は冷麺あまり好きじゃないんですが、ぴょんさんは冷麺必ず頼みます。
麺はシコシコでかみさんの評価も上々。
私も一口もらいましたが、スープがあっさりとしていてパンチが足りません。
お品が良すぎる印象です。
卓上調味料でカスタマイズすることが前提なんでしょうかね。

白飯
最近は焼肉店に来ても飲むばかりで、
焼肉屋で白飯かっこむことがなくなったのですが、
この日は無性に食べたくなり頼んじゃいました。
やっぱり、焼肉に白飯。最高です♬
子どもたちももりもりご飯を食べていましたが、こういう姿は見ていて嬉しくなります。

お肉はいいんだけど、一品料理がどれもひと味足りない。。。
写真撮れ忘れたチャンジャやカルビスープも旨味と辛みが物足りないんですよねぇー

とってもリーズナブルに美味しい和牛を楽しめる良店なのに、
このへんが残念でした。

ゆパウザのあとにビールで軽くお肉をつまむくらいがちょうどいいのかな。



ゆパウザひばり
西東京市谷戸町3-17-8 メゾン・ドゥミル1F
042-421-6773


和牛
西東京市谷戸町3-17-6
042-421-0922




2015年9月27日日曜日

鎌倉酒店(中野)

中野で梯子酒する際のスタートアップによく利用させて頂いているお店は、「よ蔵」さんとココ、「鎌倉酒店」さんだ。


ヤマピカリャーはこちらのお店を「和歌山立ち飲みから行こうか」という掛け声でよく訪れる。

紀州の酒や梅酒も豊富。
梅や金山寺味噌を利用した一品物も。
主力は串物だが、焼きには勿論紀州備長炭利用!

またそのどれもが美味いんですよね~。

メニューはこちら。



立ち飲み屋ならではの、良心的な価格ですよね。

ではまずお約束の煮込みから!


味噌ベース?なんでしょうが、最早、突き抜けて洋風の感じすらします。


入口付近の大鍋で煮込まれていますが、たまにご常連が大きなしゃもじで勝手に撹拌している風景が笑える。

煮込みを突きながらルービー飲んで焼鳥オーダーします。

焼鳥屋に入って焼きとんが出てくる…といった、だまし討ちはこちらにはありません。

ここの鶏レバーは絶品すぎて、大体、塩とタレで2本頂きます。



もうとろけますね。焼き加減も絶妙!

お次は紀州の梅を活かした、鶏ささ身梅にく焼き!


鶏みを紫蘇で包んで梅肉をとろ~り。
辛抱たまらん位のベストマッチ具合ですよね。
美味くない訳がない!

さてこの辺りでビールも尽き、前割り焼酎に行きます。

こちらのお店は芋と麦、両方の前割りを大きな瓶樽で備蓄されてます。

まず一杯目は麦から。


やはりその場で作る水割りと違って味に丸みが出ますね。

前もって焼酎と水で割って寝かすだけでここまで変わるのか!という感じ。

でも結構酔いが回るんですよね…くいくい行けてしまうんで。

良い気分になってきていると、オーソドックスな一品、鶏みが来ました。


これはもう直球勝負ですね。安心できる味。

いつの間にかお代わりしてしまっていた笑、芋の前割り焼酎と交互に頂きます。

そして焼酎の量が心許なくなってきた時、ふと前を見やると「とうもろこし」がメニューにあるじゃないですか!

夏の名残りか、迷うことなくオーダー。最後の一本だったようで、優越に浸ります。


良い感じの焼き色じゃないですか。

デザート代わりにカジカジ。

歯の隙間にモロコシの皮がどんどん侵入する事も厭わずカジカジ。

そして最後に芋の前割り焼酎で流す。

あぁ大満足です。

こちらのお店ですが、江古田と中野駅北口にも最近新しく店舗ができました。

本来味やサービスに差はない筈なんですが、ヤマピカリャーは中野駅南口店が一番良いと思いますね!


気をつけないとここで満足してしまいそうになる。梯子酒される皆さんもお気をつけ下さいね笑

あ、後こちらは全面禁煙ですんで、女性も来やすいかもしれないですね。

中野でのスタートに相応しいお店でした!

OKIRAKUYA(石神井公園)

豊宏湯のおかげで二日酔いから息を吹き返した、さかばクンです。

銭湯を出てメールを確認すると、すでに兄夫婦と両親はお店についているようです。
えっ、予定より10分以上早いじゃないの!
急がねば・・・

富士街道沿いにあるガラス張りのイタリアンバル「OKIRAKUYA」に着くと、
兄たちはすでに飲んでいました(笑)
後れを取りましたが、風呂上がりの乾杯です!


料理はあれこれオーダーしてくれていました。
何を頼んだか知りませんので、何が運ばれてくるのかドキドキ感があって面白いですね。

海老とイカの春巻きスティック
これ美味しいです。
ひとり1本ずつのシェアでしたが、3本全部食べちゃいたいです。

地鶏のミラノ風カツレツ

お気楽屋サラダ バーニャカウダソース

冷えた赤ワインをいただきます!
「1980」はお値段です。

和牛サーロインステーキ ポルチーニソース


芝海老とマッシュルームのアヒージョ
アヒージョっていまや有名になりましたよね。
家庭でも気軽に作れるし。

和牛スジのトマト煮込み

ラザニア

イカとアサリのイカ墨煮

ペペロンチーノ


さらに赤ワイン。
さっきのワインおかわりしているから、これ3本目です(笑)
今度はチリワインですね。

赤海老のガーリックソテー

ゴルゴンザーチーズ&ドライいちじく
「チーズの盛り合わせみたいのはありますか?」ってたずねたら、
メニューにはないとのことでしたが、
「ゴルゴンゾーラチーズでよければ・・・」と作ってくれました。


こちらのお店、オープンして2年くらいかと思いますが、
石神井にはあまりないタイプのイタリアンです。

小皿料理とうたっているようにボリュームは少なめなので、
私のような大食いでは食べても食べてもお腹が満たされません。
まぁ、私基準ではどこも小皿料理になってしまいますが・・・(笑)

ただ、この適度な量とお箸で食べるイタリアンというあたりが、
石神井の地元住民にとってもウケがいいようです。

正直、大勢でワイワイというよりは、
夫婦やカップルで過ごすのに向いているお店なんだろうと思いますね。

でも、兄夫婦はこちらをすごく気に入っているので、
またワイワイしに来ま~す!
兄夫婦と飲むとついつい楽しくなってしまい、本当にワイワイうるさい客でした。
お店の方すみません。。。


イタリアンバル OKIRAKUYA
練馬区石神井町6-26-18
080-5000-9610