2015年11月30日月曜日

李苑(中野)

降りしきる冷たい雨の中。

社内レビューで疲弊しきった身体には辛い。

そして明日も朝8時からまた別のレビュー会。

そんなに後ろを振り返って何になる!

あ、でも大事な事なんですけどね。


まぁそんな二律背反的な思いに苛まれている時に癒やしになるのはやっぱ酒なわけで、本日は(も?)ヤマイコウと中野で落ち合う。

当初は第二力酒蔵で牡蠣鍋か!?というノリであったが、ちょっとパンチ力不足。

牡蠣鍋はしみる旨さだが、今はしみさせるというより、もっと直接的に訴えかけてくる物が良い。

っちゅーことで、以前、ヤマイコウと行きかけて満員でフラレたお店「李苑」へ。


ここ前通るときいつもいい匂いさせてんだー。

だから気になってました。

今日はヤマピカ好物のプデチゲを狙っていたが、どうやら焼肉がこの店の推しっぽい。


んじゃまずサムギョプサルからいってみっか。

ちょっと変わっていて肉の部位から選べる。

その代わりセットっぽくなっていないため、ニンニクやキムチ、サンチュ等も別オーダーの様子。えぇい一式頼んでしまえ!



鉄板で焼くタイプではなくまんま焼肉スタイルの模様。鉄板斜めにして、降りてきた豚の油でキムチを炒めたかったなー。。。



と思いつつ、サンチュで包んで喰らふ。。。




う、うまい。。。!


なんだこれ、普通にうまいぞ!

何が作用して旨いのか不明だが、スタンダードに攻めてくる感じだ!

今日一日なーも食ってなかったんでモングリ食いまくってあっちゅーまに完食。


おっとでもプデチゲは併行してオーダーしてましたよー!


白濁スープとは珍しい。牛骨系か?


店員さんが味噌を溶かしてくれて、

「不公平だと怒られちゃうからねー」

なんて言いながら即席麺を先ず取り分けた上で取皿に具を盛ってくれる。


うーんスパムが欲しかったんだがここも無しか。。。と一瞬思うがこの恐るべきハムの量!


即席麺とガッツガッツ食うとウンメェェッ!プデチゲの主役はやっぱだよな。

ベースの出汁おかげなのか、コックリと旨味のあるスープとなっており、確実に後引き系の味である。

ここでコツだがニンニクオイル揚げ頼んどいて、多少残し、鍋に投入すると吉。それでまたパンチある鍋になる。


肉をつまんでからの鍋へ。


これっていいと思う。心のフルコース。


ここ「李苑」は、安心してこれうまいやん!と言えるお店だった。

もっと早く利用していればよかった。

これでまた中野飲みのバリエーションが増えたなあ〜!

2015年11月29日日曜日

焼肉タレで作るきのこ鍋(自邸-レシピ)

きんぐふぃっしゃーの実家の味を再現。

初めて食べさせてもらった時、衝撃を受けたヤマピカリャー。

不意に食いたくなり再現してみようと。

以下材料!(2〜3人前)

■牛切り落とし 200-250g
■しめじ 1パック
■えのき 1パック
■しいたけ 1パック
■エリンギ 1パック
■なめこ 1パック(最重要)
□焼肉のタレ 200-250ml(一本使う)
□鶏ガラスープの素 小さじ2〜3杯くらい
□塩 少々
□ごま油 大さじ2〜3杯くらい

以下調理プロセス!鍋なんで簡単!

①まずは牛切り落としを焼肉タレで漬け込みます。


②漬け込んでいる間にきのこ類を適当に切って鍋にぶち込んで調味料入れてきます。

しめじやえのきは下部を切り取って入れれば良いし、エリンギやしいたけは食べたい形で切ればよし。

なめこは軽く流水で流してから投入。

んでごま油、鶏ガラスープの素、塩投入しま。


③そっから漬け込んでいた牛切り落としをタレごと被せ。。。


④水をヒタヒタまで入れ煮るだけ!写真はチョット失敗で、水ヒタヒタよりちょい少なめの方が良い。きのこ水分出るから。


⑤煮詰めてこんな感じ!簡単やろー!


味がなんか足りないと感じれば少々煮詰めるか、鶏ガラスープの素やごま油、焼肉タレを追加して調整。


最重要と書いたなめこ。


こいつが鍋汁に絶妙なトロミを与えてくれる。

きのこの野趣溢れる旨味と、牛の風味が絡み、焼肉のタレがコク味を醸し出している。

それぞれ違うきのこの食感も楽しい。エリンギは初めて入れたが大正解だ!

焼肉タレは日本食研の宮殿のタレが最も合うと思うが、関東ってあんまり置いてるとこないのね。。。今回はエバラの黄金辛口でやってみた。

ご飯の上に乗っけて食べるとめっちゃ美味いよ!

今回は余ったから明日うどん入れて温め直して朝食にする笑

最近はいろんな鍋あるけど、焼肉タレはあんま無かろう!

騙されたと思って作って欲しい鍋やでー!温まるぅ〜!

さかばのけいば 【ジャパンカップ】

さかばクンです。
さすがに2週連続のクリーンヒットとはいきませんでした。。。

先週のマイルCSは対抗○に推したモーリスの圧勝でしたね。
しばらく目の離せない一頭になりそうです。
香港での次走も楽しみです。


さぁ、今日はJAPAN CUP
世界の強豪とのガチンコ勝負です。

と言いたいところですが…
近年は外国からの出走馬の実力が今ひとつ。

天皇賞(秋)→JC→有馬記念、
秋の古馬GI路線の単なる2戦目みたいな位置づけになってしまった感があります。

今年は凱旋門賞への日本馬の出走はありませんでしたが、
近年は日本馬ですらJCではなく凱旋門賞を目指します。

そのせいか、JCがどうも盛り上がりません。

一流とは言いがたい外国馬では、
地の利を生かした日本馬が(トップホースが抜けていても)勝つのは当然です。

JAPAN CUPの国際的な評価はどうなのだろうかと考えてしまいます。

日本の高速馬場が世界のホースマンから嫌われているんでしょうかね……
時期も悪いんでしょうね。
検疫システムの問題を指摘する方もいますね。
賞金は飛び切り高いんですが…

日本の競馬までもがガラパゴス化してるのではないかと危惧しています。

そんな心配は、まぁさて置き…
予想といきましょう。


◎ラブリーデイ(日)
もう、この馬の力は本物でしょう。
迷わず本命。

○ゴールドシップ(日)
GI 6勝は、圧倒的な実績。
休み明けと左回りが不安材料ではありますが、普通にゲートを出て普通に走ってくれれば、圧勝もあるでしょう。

つづいて近年好走の多い牝馬から3頭を推します。

▲ショウナンパンドラ(日)
前走天皇賞も惜しい競馬でしたが、牡馬相手でも十分戦える力があります。
調子もキープしているようですので、池添の度胸ある騎乗で一発あるかも。

△ナイトフラワー(独)
△ミッキークイン(日)
こちらは3歳牝馬2頭。
53キロの重量を生かしての好走を期待します。

△サウンズオブアース(日) 
京都大賞典からゆったりしたローテーションでJCを狙う昨年の菊花賞2着馬。
東京2400mは、適距離でしょう。

☆トリップトゥパリス(英)
外国馬のなかで、なにか不気味な一頭
エ女王杯連覇のスノーフェアリーで知られる名門ダンロップ厩舎。
コワイです。。。


ラブリーデイを3連単の1着軸に6点流し(30通り)で勝負です!



2015年11月28日土曜日

寿司処 さつき(石神井公園)

この日は、ヤマピカリャーさん、きんぐふぃっしゃーさん、ぴょんぴょんさんとお出かけ。
もう1組加えた3組の夫婦で真っ昼間から飲んで歌って大ハッスルでした*\(^o^)/*

お開きになって我々4人だけ石神井へ帰還し、
すでにヘロヘロなのに、それでもやっぱり最後は4人で〆ちゃいます(笑)

おやっ、「さつき」の灯りがついているではありませんか。

昼間はお肉いっぱい食べましたんで、お寿司食べましょう!

熱燗でお疲れさま〜

大将にお任せした刺し盛り
アジ、いか、トロ、ツブ貝、さより、平目

おそらくこれで3000円くらいのはず。

ヤマピカちゃんもお寿司屋さんのタマゴ好きみたい(笑)
男子はみんな好きだよねぇ〜

この日の「大特価ご奉仕ネタ」は…
こはだ50円
天ぶり100円

天ぶりを4カンお願いしました。
天然のぶりってことですね。

ヘロヘロとか言いながら、熱燗何本おかわりしたことか・・・。
ぴょんさんも、くいくい飲んでましたからね。

こちらメニューに焼き物がないことだけが寂しいんだけど、
ここのコスパならお刺身だけでもう十分。

また来ま~す!



寿司処 さつき
練馬区石神井町3-21-6
03-3904-0019


2015年11月27日金曜日

三ツ星餃子堂(石神井公園)

ときどき担担麺が無性に食べたくなる、さかばクン。
駅前にある「三ツ星餃子堂」に飛び込みました。

このテナント、かつては「東京チカラメシ」があった場所ですが、
そうそうに撤退し、その後は「豚野郎ラーメン」が入りました。

しかし、その「豚野郎」も長続きせず、
次に入ったのがこの「三ツ星餃子堂」です。

調べたら、「三ツ星餃子堂」は「豚野郎ラーメン」の会社がはじめた新業態でした。
石神井が初出店のようですね。

中華バルを謳っているように、
餃子メインに一品料理も豊富で、“飲めちゃう中華屋さん”というコンセプトのようです。

四川タンタン麺
豚野郎ラーメンは、「・・・・・・。」って感じだったけど、これは意外と美味いんです。
搾菜もゴロゴロ入っていて嬉しい。

硬めのゆで上げ。いいですね。


ボトルキープとかできちゃんだぁ~と思ったら、
段全キープがおとく!」の文字に仰天!

「段全」って何?

それを書くなら「断然」でしょ(笑)


今度はチョイのみで入ってみようかな。


三ツ星餃子堂 石神井公園店
練馬区石神井町3-20-13 日東ビル1F
03-3997-1986

つけめん玉(浜川崎)

最近ヤマピカリャーが中野でハマっている「バラそば屋」の母店がここ「つけめん玉」らしい。


奇しくも京浜工業地帯に顧客を持つヤマピカは、周辺回遊している際に偶然当店を発見した。

住宅街と思しき街並みの中で行列を成す店は非常に目立つ。

普通なら寄り付かないエリアにここまで客を引き寄せるのだから、味に間違いはない筈!ってことで初入店して、うんまかったんで今も通ってる。



なんか昨日からさぶい。

なので今回はインドのつけめん+味玉、麺はあつ盛りとする。麺は中盛300gまで増量無料です。


インドというのは、カレースパイスが効いたつけ汁。ネーミングは安直かもしれないが、味わいは非常に複雑で美味い!


んだが終盤若干飽きてくる味わいかも。


ここは玉ねぎみじん切りが入れ放題で、食感と味を変化させることが出来るが、インド感強すぎてちょっと玉ねぎ負けてる笑

普通のつけ麺にすればよかったかなー

それか並盛で200g。

麺300gって冷静に考えたら凄い量だよ。。。


こりゃ晩飯いらないレベルで腹パンパン。

つけ麺食って消化器官の衰えを感じる悲哀。

「寒い中お待ちいただいて申し訳ございませんでした!」

と店長からの声がけに少し救われつつ店を後にした。

バラそば屋もそうなんだけど、接客素晴らしいんですよねー!

手羽先鍋(自宅適当レシピ)

残業が多く帰りが遅い社畜にとって自宅で自炊して酒を飲むことは困難なことだろう。ひと昔前まで私もそう思っていた。

しかし自炊って意外と簡単なんです。キーワードは「適当」と「段取り」です。

本日は10時帰りからの自炊を紹介しましょう。バックミュージックはTPDのWEEKEND PARADISEで。

まず10時に帰着。速攻スーツ、ネクタイを外す。お風呂を沸かす。その隙に食材の準備をする。切れるものは切るし洗うものは洗う。



そろそろお湯が沸いた。しばしお湯に浸かる。リラックスする約10分。お風呂からあがれば火をつける。只今10時30分



そして本日は手羽先鍋。はっきり言ってそんな料理があるのかは知らない。ざっくり美味そうだから作るのだ。

風呂前に準備した白菜、ネギ、油揚げをぶちこむ。鶏ガラスープのもと、しお、コショウ。分量は適当。だいたい入れすぎなければうまくいきます。あとは煮詰めるのみ。



この辺りから私はアイドルの公演のDVDかネット配信を準備。まあTPDかSKEかしか選択肢はないんですがね。
本日は先日入手したTPDのライブDVDを再度再生。そうこうしてる間に鍋が煮詰まってくる。


そろそろ良い感じかなと思ったらビールを準備。イスに座りモニターのアイドルを見ながらひとくち。最高のひとときだ。仕事が辛くてもこの瞬間リセット出来る。

さて今夜の適当手羽先鍋はどんな感じだろうか。只今10時45分。やっぱり美味しい。鶏のだしが効いていて白菜もネギも美味い。

あとはペースに任せ食い、飲む。鍋の小ささから再度同じ要領で調理。ビールから焼酎に切り替え。ちびちび焼酎を飲みながらTPDを見ながら明日も頑張ろうと今日を振り返る。


2杯目の鍋と焼酎を飲み干し、締めの雑炊を検討する。カロリー、塩分高いしなぁ〜。でも欲望に敗北する11時20分。冷凍ご飯と卵を冷蔵庫から取り出し調理。5分程度で完成。


手羽先のダシが効いた雑炊が最高に美味しい。10分少々で完食。只今11時45分。とりあえず皿とコップを最低限洗う。

あとは酔いに任せて適当に寝るのみ。寝てしまえば明日も朝がくる。仕事にいく朝だ。

そして今日と同じような日をまた過ごすのである。


2015年11月25日水曜日

三日月(新宿 歌舞伎町)☆

前夜神田でご一緒した伊藤さんから「三日月いいお店ですよ~」って教えてもらったので
早速行ってみた。

こういうときだけ抜群のフットワークをみせる、さかばクンです。

さぁ、その「三日月」さんですが、区役所の裏手にある「思い出の抜け道」にあります。
前夜の神田DEEPゾーンにも負けない怪しげな一角です。

伊藤さんからの情報でなければ、このまま引き返していたかもしれませんが、
思い切って暖簾をくぐります。


ご夫婦と息子さんの3人でやられているようです。

6席ほどの低めのカウンター席。
あとは4人がけのテーブル席のみ。

なんともほっこりしたいいお店じゃないですかぁー
入った瞬間に不安や怖れは吹き飛んでましたよ。

ちょうどテレビでは大相撲で白鳳-日馬富士をやっていました。
日馬富士が勝った取り組みをご主人が息子さんに解説しています。
かなり相撲好きとお見受けしました。
さかばクンも熱烈な大相撲ファンです

タンニラ・芋ニンニク・オールグリン・・・なかなか面白いメニューもありますが、
オムレツにステーキ、牛カツと洋風な料理が揃っているかと思えば、
くさや、バクライ、酒盗なんていう日本酒に合うアテもそろってます。

さらには、新鮮な魚介類もありますし、
チーズにオリーブも・・・
なんて幅広いんだ。

ぼけちゃってますが、
お酒もバリエーション豊富。
スコッチの正統派、グレンフィディックもおいている!

まずはラガーをいただきましょう。

お通しは凍み豆腐お魚(まぐろ?)のおすましです。
このおすましが絶品!


オムレツと悩んだのですが、
この季節はやっぱり「カキ」と思い、
カキバターをオーダーしました。

ソテー系は奥さんが調理されるようです。
大粒のカキが10粒くらい入ってましたよ。
もうとにかく美味しい!

熱燗は大分の「西の関」です。
ちゃんと湯煎で供されます。

こうなる魚介類にも手を伸ばします。
「赤貝ください」

すると息子さんがいったん店の外へ行き、活きた大きな赤貝を3つ抱えて戻ってきます。
魚介類をさばくのはご主人のようです。
通常は3コのようですが、ひとり客だった私には2コで十分だろうと1コ戻させています。
こういう心遣い、私はとっても嬉しいです。


そして来ましたぁ!
赤貝です。
なんて肉厚なカット。
肝は湯引きしています。
歯ごたえ、甘み、申し分ないです。

これいったいいくらするのでしょうか。
こちらどこにも値段が書いていないので、ちょっと不安になってきました。

えーい!
そんなの気にしてられるかぁ!


テーブル席では70歳くらいの男女4人が仲睦まじく酒席を共にしています。
こういう歳の取り方、いいなぁ~


そろそろ1時間になります。
今日は引き上げましょう。

「お勘定お願いします」

すると奥にいた映画スターみたいな美声をお持ちのご主人が
「柿、お食べになりますか?」

実はさっきテーブル席の常連さんにサービスで柿をむいていたんです。

いいなぁと思って横目で見ていたのですが、
一見の私にまで声をかけてくれるとは思ってませんでした。

「ありがとうございます。いただきます」

そして、奥さんがお茶を淹れてくれました。
プーアル茶です。

「このあとまだ飲みに行く方にお茶を出すと叱られちゃうんですよ」と奥さん。
料理中は結構険しい表情に見えたのですが、とっても気さくな感じ。

いえいえ、たしかに飲みには行きますが、
お茶はいただきますよ。
これでリセットできるってものです。


とても気持ちよく店をあとにできました。
ちなみにお会計は3880円、正直びっくりです。

カキバターも赤貝もひとりには量が多いので、
ふたりで来ればもっと安く飲めるはず。

またまた酔い酒場に出会ってしまいましたよ。
ご夫婦や親子でやってらっしゃる酒場によわいんですよね~

三日月さん、三ツ星酒場です!

少し足繁く通ってみようと思います。



三日月☆☆☆
新宿区歌舞伎町1-3-10
03-3209-8566