2015年12月31日木曜日

かつ丼 吉兵衛 プロメナ神戸店(神戸-中央区東川崎)


神戸勤務時代はさんちかの本店のみ。東京転勤直前くらいかな?JR三ノ宮駅東口方面にもう一店舗出来た。

それが転勤後、あれよあれよと多店舗展開。今では大阪の梅田と難波にもあるようだ。

ホントはこの帰省ついでのタイミングで、懐かしの本店カウンターでカツ丼を貪り食いたかったが、年末ということもありお休み。

従って唯一無休でやってるJR神戸駅最寄りの商業施設、プロメナ神戸にある店舗にお邪魔した。


なんとフードコートへの進出である。


本店は正にカツ丼を渇望してやってくる、闘うリーマンを中心とした客層で、謂わば真剣勝負的な空気があった。

行列も凄まじかったが皆整然と並び、黙して食す。。。そういった感じだった。

それが休日のパパの顔的なショッピングエリアのフードコートと来たもんだ。


しかもマクドの隣ではないか!


マクドは行列し、吉兵衛は行列していない。

場所柄当たり前かもしれないが、なんとも不思議な光景。

待たずにオーダー出来るのはありがたいが一抹の不安を覚えつつ、食券を購入。


ソースカツ丼もめっちゃ美味いが、やっぱここはカツ丼玉子二個やね!


配膳カウンターには懐かしのトッピング類が並び、変わってないなーと安心する。


そして程なくしてカツ丼到来!
早速、沢庵を定位置にポジショニングし、一味を振りかける。


んーー懐かしのフォルム!

この厚くもない薄くもないカツ。食感の黄金率。


と、ここでツユ多めのオーダーを忘れてたことに気付き、しばしガックリ笑

でもいいんだ!

兎に角ガッつくぞ!!!

お約束通り、ご飯多めでカツ丼を垂直に侵略して行く。


そしてカツに対してご飯ちょっぴりの喜ばしい状況を創出し。。。


最後にフィニッシュ!ごちそうさん!

やはり本店と比較するとライブ感も無いし、アッツアツの丼という訳にはいかなかったが、ヤッパリ美味かったなぁ!


食して周囲を見渡すと、気付かぬ内にヤマピカの周りに、黙々とカツ丼に1人向かい合っている方が何名か居られた。家族連れ賑わうフードコートで。。。


彼らは何を思いカツ丼を食っていたのだろうか。カツ丼の数の分だけ、色々な想いがこのフードコート内で駆け巡っているのだろう。

そんな事を妄想しながらその場を後にした。


あぁ、めっちゃ良い天気やな、今日。


なんだか涙が出そうだった。

神戸編 続く

たじま屋 深江本店 & タイ古式マッサージ ティーン・イサーン(神戸-東灘区深江)

もうね、兎に角ね、神戸に来たら絶対行ったほうがいい焼肉屋。それがたじま屋


幾つか神戸に店舗あるけど、やっぱり接客も含め安心安定なのは深江本店!三ノ宮から阪神線で20分位のとこです!

そしてここに来たらカッパ

重要なことなので先に伝えます。

この部位を食わなければたじま屋ナイトは始まらない。

予約時に無くなりそうだった部位を取り置いて貰ってたら、着座後3分以内に

カッパ



ミスジ


三角バラ


がズララーっと揃い、ビールも。


凄い生産性だ笑 店入って3分ですよ!しかもビール飲んじゃってるし既に笑

因みに麦茶はドカンと無料!地味に凄くないですか?


で、カッパはこれじゃ足りないな!って思ったので、在庫切れする前に1人前追加。これもすぐ出てくる笑


あ!でもミノポン忘れてたぁ!ミノポン追加!


さぁて後は焼き焼きターイム!

カッパ



なんていうのかなぁジャンキーな味わいというか、肉の味そのものというか。いつまで食べてても飽きない。これはヤバイ。中毒性高!!!

ミスジ




こりゃアカンやつや、美味すぎ警報!とろけるような柔らかさだが、しっかりとした肉の存在感。ズドン!

三角バラ



脂の旨味にステータス全振りしたようなお味。よう育ってくれたな牛さん!

んで思い出したようにミノポン



茹でミノのポン酢和えなんだけど、ゴムっぽくは全くなく、噛み切れる良い歯ごたえ。そして超ウマなポン酢で最強の箸休め&酒のアテ!マジウマ。

レモンサワーも脂を流してくれるねぇー。


しかしやっぱ関西は緑茶割ないね(^_^;)



さーて第2ラウンド!!!

これじゃー足りぬ!ってことでハラミ特上ロース追加じゃあ!

焼け!焼け!!



ハラミはなんて肉々しいんじゃあー!まるで極上の赤身ステーキを凝縮したようなブラックホール加減!


特上ロース、こいつぁ。。。三角バラより好みの味かもしれん。ボリューミーでぎゅるぎゅる旨味を噛みしめる!なんぞこの美味さ。。。



さてトドメに一発行きたいが。。。とハラミのタレとライス中盛をオーダーしようとしたら店員さんが

「こうねがオススメですよー」

と。

なんですって?こうねってなんですか!?

「薄ーい肉を軽く炙ってタレつけて卵に漬けてすき焼きみたいに食べるんですよー」
「食べ終わったら余った卵をご飯にかけて卵かけご飯にして食べると美味しいですよー」

な、なんだとーーー!それちょーだい!!

たじま屋歴で初めての提案!


最近リリースした商品だそうで、こうねの意味は誰も知らないっちゅーユルさがまたええやん!?んで玉子スープも頂戴!笑

こいつがこうね



言われた通り行きまっせー

まず卵といてー


炙ってー


タレ漬けてー


卵に浸してー


メシ乗っけてー


もんぐる!

あががー美味すぎ!これ!!

そしてタレ染みた卵をご飯にかけて。。。



撹拌し。。。


もんぐる!

やべぇこれは止まらんち。こんな最終兵器彼女的なメニューがあったなんてズルい!

あ、玉子スープ


取り敢えず丼がめっちゃでかい。


いや普通に3〜4人シェアできるでしょ、これ笑

肉を喰らいまくり、卵かけご飯完食し、スープでシメる。

これ完璧過ぎる。

やはりたじま屋の実力、凄まじいものがある。

きんぐふぃっしゃーと共に激満足し、店を後にする。東京にもあって欲しいけど、出来たら牛蔵みたいに入れないお店になってまうねんやろなぁー(;´Д`)

たじま屋また来年ねー!泣
しかしこんなけ食ってんのに会計二人で10,000円とちょっとって大丈夫?笑




そしてたじま屋を後にした2人は、旅の疲れを癒やしに同駅深江にある、たじま屋から徒歩5分程度のタイ古式マッサージ屋、ティーン・イサーンへと消えたのであった。


ここはメイチャンを超える施術レベルではないにしても、勝るとも劣らぬ気持ちよさ!


ワットポーで修行された日本歴2〜30年というベテランなタイご出身の方が施術してくれ、とても皆さん性格朗らかで癒される。



日本人らしきオーナーさんもとても折り目正しい接客で、まさか阪神の深江でこんなマッサージ屋さんが出来ているとは思わなんだ!

昼に老虎菜、夜にたじま屋、トドメにティーン・イサーンとフルコース。

後はホテルに戻って明日の美食に備えてゆっくり休むとしよう(^_^;)

神戸編 続く