2016年7月30日土曜日

【加賀山の大将のライブからの】宮下湯 & ときわ食堂 庚申塚店【B-side】(巣鴨・庚申塚)

準備運動を終えたさかばクンさんとヤマピカは、加賀山の大将のイベントライブ会場へ足を向けた。


詳細はさかばクンさんの記事を参照して欲しいのですが、こちらでも相当お酒を頂いちゃいました。





加賀山の大将の歌声はとても美しく、正直、驚きました。歌も歌えてもつ焼きも上手いなんてスゴいスーパーマンです。是非その美声でオーダーの復唱を頂きたいなと(^_^;)(後日リクエストしたらめっちゃ嫌がられましたが笑)



赤星が飲めるもつやき加賀山へ、美味いモツと大将の美声を皆さんで聞きに行きましょう!(笑)


さて大将のライブを聴き終え、正直、この段階で割りとグロッキーなヤマピカ。暑い日差しに若干の頭痛を覚えながら、スッキリしたい欲望が沸々とまた湧いてきた。そう銭湯である。

さかばクンさんをブレーンに、次なるポイントは巣鴨とした。巣鴨って1回しか降りたこと無いんですよ。銭湯ってあるのかなーと、さかばクンさんにリードしてもらいながらついて行く。

ほぉーここかぁ。宮下湯。


典型的なビル型銭湯だ。地階にあるってのが面白い。


脱衣場は思ったより広く、窮屈感は一切無し。

シャワーの湯量も豊富でストレスは無い。

風呂も熱めでなかなか心地良い感じ。水風呂との往復が捗ります。

清潔で実にスタンダードな銭湯であった。

心身共にリフレッシュした我々は一路酒場へ向かう笑


巣鴨地蔵通り商店街。よくテレビで見る奴や(^_^;)


途中とげぬき地蔵尊に立ち寄り、持病の群発頭痛の緩和を祈りながらお地蔵様の頭を磨きまくったヤマピカ。お頼み申し上げますよ!


この商店街、結構雰囲気イイなーと思いながらさかばクンさんに付いていく。


ときわ食堂 庚申塚店。




商店街の途中、巣鴨店がありましたが。。。


さかばクンさんが大戸屋っぽいからやめよう!と、こだわりを発揮し、こちら庚申塚店へ。いや、なんとなくわかります。こっちのが確かに「食堂」っぽいっす。

とは言え想定以上に綺麗な店内に驚きます。

この短冊メニューの豊富さ。心躍りますね。



先ずは風呂上がりの1杯っちゅーことで、大瓶ラガー。480円とめっちゃ良心的です!



そしてこのアジフライ、めっちゃクソ美味い!


それ自体も美味いけど、ソースぶっかけまくった上につける自家製タルタルソース。コイツがまたいい味だしてます!!




気持ち的には鳥長のタルタルソース並に感動しました!!!


ポテトサラダ(ミニ)も良い塩梅。良い箸休めです。


この辺りで緑茶ハイ(大)を。さかばクンさんはヤーコン茶ハイ(大)。


ちょーデカい。最初ジョッキを持とうとしたら予想以上に重くて上がらなかった。これには自分でウケました(^_^;)

そんで軒先に掲示されていた「魚、足りてますか?」との煽り文を思い出し(笑)、サバ塩焼きいきます。



実に美味いですね。臭みもなく旨味ほとばしるシットリ身。確かに言われる通り、そんなに焼魚って食わないんですよ。家でも作らないし。是非ブリの塩焼きも置いてほしいな(^_^;)

ここいらでサッパリしたく、ブロッコリーマヨネーズが気になりました。


キッチンでブロッコリー茹でてマヨつけてつまみ食いするとめっちゃ美味いんですよね。そんな連想も手伝って、妙に美味く感じます。


こういうシンプルな食い物イイよなー。オッサンになりました。

そして本日のフィナーレもシンプルに行きます。

白飯(小)、岩のり、なめこ汁


さかばクンさんはこの期に及んでチャーハンです笑


1口味見させてもらいましたが、意外や意外、パラッとしてて美味かったですね。

さて姿勢を正してメシ食いますよ。

岩のり乗っけて飯パクー。う、うんメェェェ!


なめこ汁ズズー。ふぉ〜!五臓六腑に染み渡るゥ!


微妙に余らせておいたさっきのサバ塩焼きと一緒に飯パクー。た、たまままままりません!


んでまた汁ズズズー。日本人に生まれて良かった!!!と思える瞬間です!!!!


ここでヤマピカリ!とひらめき、岩のりをなめこ汁にぶち込んでミックスさせます。


これがまた美味い。イヤ皆さんも騙されたと思ってやってみてください。美味いすから!


ゴローちゃんもこうやって食えばよかったのに!

最後に漬物かじってサッパリと終えます。


いやー食堂飲みは素晴らしいですね。居酒屋とは違う満足感があります。

帰りは乗ったことのない都電で。


心地良い揺れが眠気を加速させます。さかばクンさんと頑張って地元に帰らなきゃ!

立食いそば 千花庵(関内)

この日は横浜スタジアムでG党仲間と巨人戦ツアーだぁ!

敵地ハマスタに乗り込む前に、勢いをつけていこう! 

・・・ってことで、関内駅北口から歩いて2分、
伊勢佐木モールにある「立食いそば 千花庵」に訪問です。

先日、野毛でご一緒したKさんがよく来られるとのことで、
観戦前の準備運動にうってつけの場所としてこちらを教えてもらったんです。


立ち食いそばですが、日本酒や酒肴も充実してますよ。

本日のおつまみ300円を押すと、
食券機の上にある「本日の肴」から1品チョイスできるシステムです。

一緒に観戦するキヨさんもアキちゃんもまだ来てないので、
フライングしちゃいましょう♪

こちらお店の手前側は立ち食いゾーンですが、
奥は5席?6席? 椅子のあるカウンター席になっています。

とりあえずカウンター席に腰掛け、
生ビール350円+キスの天ぷら300円をいただきます。

キス以外にも椎茸、ナス、ししとう添えられています。

しばらくして、キヨさんもアキちゃんも登場。
カウンター席がいっぱいでしたので、立ち食い(立ち飲み)ゾーンに移ります。

本日の日本酒(1合500円)は、「亀齢」(広島)or「三十六人衆」(山形)でした。
キヨさんが「亀齢」にしてましたので、私は「三十六人衆」にしました。

カウンター席のときに隣のおじさまが召し上がっていたかき揚げ(200円)
でっかくて美味そうでしたので、私も頼んでしまいました。


これはキヨさんが頼んだ炙り豚(300円)

〆には蕎麦も食べて行かないとね。
十割そば(500円)をいただきます。

お見事!
鎌倉の名店「千花庵」の支店だけあります。

機械打ちですが、立ち食いとは思えぬ見事なお蕎麦を出しますね。
かえしも秀逸です。

写真撮りそびれましたが、ポットに入ったそば湯はとろとろポタージュ系ですよ。


万事整いました。
ハマスタへGO!

この日はジャイアンツ応援団とともににレフトスタンドでガチ応援です。


ハマスタ名物ベイスターズラガーを飲んでプレイボール!
これって常陸野ネストビールの木内酒造が醸造しているんですね。美味いわけだ。



ベイスターズラガーなんて飲んだのがいけなかったのかな。。。

応援が足りなかったのかな。。。

6回裏に一挙5点取られ、4-6の逆転負け。

横浜まで遠征してきてこの負け方だとチョー凹みます。

案の定、帰りの電車の長~い道中は「・・・・・・。」
ため息しか出ず。

でも、東京ドームとは違う屋外球場は気持ちよかったですね。
昔はこれが当たり前でしたしね。

夏場の野球観戦はハマスタや神宮が楽しいんです。

今年、神宮球場にはまだ足を運んでいませんが、9月に行きますよ~
いまから楽しみです♪



立食いそば 千花庵
横浜市中区末広町1-2-3 いせービル1F