2016年9月30日金曜日

ときわ健康温泉(上板橋)

やまだや」をあとにし、東上線各駅停車で上り方面3駅移動。

上板橋駅で下車します。
この駅はじめて降りたなぁ~


北口から歩いて6、7分。
住宅街のなかに突如あらわれる「ときわ健康温泉」

天然温泉、露天風呂などかなり充実した銭湯と聞いたので、
ここまで足を伸ばしてきました。

銭湯→昼呑み→銭湯って流れ、アホですね(笑)

日曜日は朝9時からやっているのですが、
祝日(敬老の日)のこの日は通常どおりの14時オープンでした。

こちら入口が2カ所あるのが面白いですね。
せっかくなので、ヤマピカちゃんと別れて双方向から入ってみました(笑)

入ると広々したロービーがあり、驚くことに大きな水槽がいくつもあります。
金魚だけでなく・・・

亀仙人が悠然と泳いでいました。

サウナが大小タオル付きで810円は良心価格。



敬老の日でお年寄りの入浴料が100円だったのかな。
普段以上に混んでいると常連さんがつぶやいていました。

脱衣所も浴室も広いのですが、カランは結構埋まっていましたものね。

主浴槽はかなりでかくて、
強噴射のジェットバスや打たせ湯、さらには足裏マッサージ付きの歩行湯なんてのもあって
かなりの充実ぶり。

これらのお湯はすべて天然温泉というんですから、素晴らしい銭湯ですね。


いっぽうの露天エリアには、岩風呂とぬるめの薬湯風呂があります。

休憩用の椅子も置かれていて良い空間ですね。

いまいちど中へ戻って。サウナへ。
こちらも広くてビックリです。
周りを気にせずゆったり汗をかけますよ。

サウナを出たところにある水風呂も立派なので、
これはたまりません。

午前中の久松湯も天然温泉のデザイナーズ銭湯として高評価ですが、
ときわ健康温泉も快適度は負けてません。

東京銭湯のサイトに詳しく紹介されてますんでぜひこちらも読んでみてください。
http://www.1010.or.jp/mag-tokyosento-tokiwa/


上板橋周辺って良さげな銭湯が多いんで、
またヤマピカちゃんと遠征しに来たいと思います。


ふたたび成増駅に戻ってバスで石神井へ帰りましたが、
30分ほどのバス旅、ふたりとも完全に爆睡してました。

どっかの番組みたいに路線バスを乗り継いだりしながら、
銭湯と呑みをセットで楽しむのも面白いかもな。

今度、企画しよっと♪



ときわ健康温泉
板橋区中台1-25-5
03-3933-1487
営業時間:14〜23時半(日曜は9〜23時半)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休)



2016年9月29日木曜日

【驚きのサービス設計力】居酒屋とおるちゃん(石神井公園)

今日はきんぐふぃっしゃーと共に居酒屋とおるちゃんへ。サクッと行きますかぁ〜!

相変わらず賑やかな外観だ

いつもの「お通し選択システム」からスタート。

いつも迷うんだよな〜笑

なんか今回は鶏の唐揚げが新顔としてリリースされていたのでソイツをば。

結果おつまみ4点盛となってしまう笑

唐揚げがお通しで選べるのはなんかトクした気分になるな!

ルービーとジンジャーエールで乾杯や!

喉乾きすぎで乾杯前に飲んでしまっているの図

ンゴンゴゴと喉の乾きを癒やしてプハァ!

生ハムとトマトのオリーブオイルをつまむ。

とおるちゃん流意識高いメニュー

これが結構ウマイ!トマトの爽やかさが拡がった後に生ハムの旨味が追い打ちをかけてくる。そしてオリーブオイルが全体の味をまろやかにまとめている感じだ。

そしてブラウンソースのマカロニグラタンまで新登場!

オイオイ一体どうしたことだ、このシャレオツメニューは(^_^;)

マカロニの在庫があまり無かったってことで野菜が多めに盛られる。

野菜ごろごろ

柔らかい食感の牛タン煮込みも入っててウレシイ驚き!相当食べ応えがある!これで500円とはとおるちゃん弱気な価格設定過ぎやろ(笑)とてもありがたいですが!

んでホッピーですね。

そそり立つホッピー

相変わらず殺人的水位で涙ちょちょぎれるくらい嬉しいですわ!

後は定番の串揚げで。イカ、トマト、豚バラ青ジソぐるぐる巻、ミニコロッケ串等をチョイチョイと嗜み、ホッピーを費消してゆく。

ヤマピカ地味にイカが好きなんです

しかしとおるちゃん、サービスメニューの拡充に余念がない。

驚いたのは宴会コース設定だ。

まぁ料理のコースはわかるんですが。。。

飲み放題のバラエティ多すぎやろ笑

一番笑ったし、ナルホドなぁと思ったのは「飲み放題ライト」。携帯電話のプラン名かと思ったわ!(笑)

生ビールが含まれない比較的単価の安いアルコール類が中心ではあるが、確かに二次会利用では必要にして十分以上なラインナップ。制限事項としては、
・2名以上〜
・火、水、木曜日限定
・ラストオーダー1時間45分(良い刻み方だ)
となっている。お値段は998円と、最早ネタも込めたのであろう価格設定にウケるしかない(^_^;)

他にもたくさんコースがあるので、ご予約の際は是非当ブログの写真で予習頂きたい(笑)

イベント企画も盛り沢山だ。

アグレッシヴな企画群

2016/10/9は14:00から試飲会。お店からは乾き物程度しか出ないが持ち込み自由で、これからメニュー化予定のドリンクを試せる。居酒屋流のオープンイノベーション的な匂いを感じるな(笑)

2016/10/16はとおる(16)の日という事で(笑)、霞ヶ浦から取り寄せたレンコンの串揚げ食べ放題!独特過ぎるやろ(笑)しかしここのレンコン、美味いんですコレが。かなり興味ある。。。

2016/10/22は石神井町福祉園のお祭りに出店し、おトクな価格で串揚げを出すという。CSR経営の徹底ぶりには頭が下がる思いだ。

ニクの日の価格設定ヤバすぎるやろ。。。

毎月29日はニクってことで肉の日。肉系串が半額という野心的な企画だ。まだ1回も利用したことがないので試してみたいなあ(;´Д`)

そして2016/10/30はとおるちゃんポイントカード達成者が選択できる赤Tシャツ保持者とその家族、友人のみに参加を許されるBBQ大会が大泉学園で催される。このような形で顧客の囲い込みに及ぶとは、フォーチュングローバル500に位置する企業の経営者も驚きの経営戦略と言えるだろう(笑)

とおるちゃんの企画力はスゴイ!ヤマピカも企画を持ち込んで採用されたら報酬貰えるかな(笑)

敏腕経営者とおるちゃん(一応ボカシ笑)

やまだや(成増)

“食堂酒場”という言葉があるかどうかはわかりませんが、
真っ昼間からお酒をかっくらえる大衆食堂を私は勝手に“食堂酒場”と定義しています。


▼これまでこのブログで紹介した食堂酒場はこちらをクリック


では、食堂酒場の魅力ってなんでしょう。

① 思い立ったときにすぐに飲み出したいので「通し営業」
② 定食のみならず、酒の肴になる一品料理が豊富
③ メニュー構成が和洋折衷なんでもアリ。
④ 居酒屋ではないのでチャージはもちろん不要
⑤ 名物おっかさんがいて、とにかくあったかい接客でやさしい空気が店に充満してる
⑥ ボリューム・値段ともに良心的で懐にやさしい。
⑦ 酒飲みオヤジのひとり客、ボンビー学生、ファミリー層、すべてを受け入れてくれる懐の深


この①~⑦のうち5つ充たしていれば、三ツ星食堂酒場☆☆☆と私は認定しちゃうな。

**********

敬老の日。

ヤマピカちゃんと私は、三ツ星食堂酒場を求めて
石神井を離れプチ遠征に出かけることにしました。


しかし、我々ですので、いきなり食堂には行きませんよ。
まずは午前中からやってる銭湯で身を清めます。

西武線沿線ですとやはり桜台の「久松湯」しかありません。
定休日の火曜日以外は11時からやっている素晴らしき銭湯です。

11時に到着し、開湯と同時にザブーン!

天然温泉の露天風呂敬老の日スペシャルよもぎ湯などを堪能します。


すっかりポカポカになった我々は、久松湯から氷川台駅までてくてくと歩いていきます。

そして、メトロにのって地下鉄成増駅へ。

成増に評判の良い食堂があると聞いたので、ここ目当てで来たのです。


「やまだや」


南口の商店街にあります。

久松湯から一滴も酔分補給してませんから、ノドからからです。
大瓶、2本あっという間に飲んじゃいました(笑)

メニューは壁一面にこのとおり。
○○定食ばかりですが、当然単品のオーダーも可能です。

ドリンク類はこちら。

さらには、冷蔵ケースがあって、
焼き魚、煮物、お刺身などが並んでいます。

この“生ディスプレイ方式”って最近減っちゃいましたが、
見てるだけでワクワクして楽しいんですよね。

その冷蔵ケースから選んだのがこちら。
「いんげんと油揚の煮物」です。
スターターとしては優しい味で正解でしたね。

そして、冷蔵ケースの右上に貼ってあった「オムレツ」

予想以上のビジュアルと完成度でやってきました。
マカロニサラダも添えられてるじゃーん♪

なかを開けると半熟な玉子がハムなどの具材とともにとろけだしてきます。
のっけからスゴイオムレツに出会っちゃったわ。

お次も冷蔵ケースの右上短冊から。
「エビクリームコロッケ」を選択。

俵型の手づくりエビクリ。

大きなむき海老がごろごろ入ってます。
ベシャメルの濃厚さといい、エビ感といい、このクオリティーなんだ。

ついこの前、「ちゃのま」のカニクリに感動したばかりだけど、これはその上をいってます。
ヤマピカちゃんと目を合わせ、しばし無言になっちゃうくらい美味かったです。

ヤマピカちゃん、レモンサワー(大)

そして、ヤマピカちゃんがどうしても頼んでみたかったらしい「すき焼き」単品で。

2人で取り分けるので、生卵2つつけてくれましたよ。
この割り下の甘さが酒飲みには沁みますね。

すき焼きは冷酒と合わせたいぞってことで、私は「初孫」

さらに日本酒に合わせて「ほたて焼き」も追加。
これも冷蔵ケースの右上に貼ってあった短冊からです。

ケースに貼ってある短冊ってその日のオススメメニューだと思うんですよね。
そこばかり攻めて見ましたが、間違いはなかったようです。


しばらくいたら、やってくる常連さんはほとんどが「ぬる燗」をオーダーしています。
郷に入りては・・・ということで、我々も「ぬる燗、お願いします!」

ぬる燗、3本空けたんだっけかな?

そろそろ〆るかね。

ヤマピカちゃん、「とん汁定食(サケ付き・生玉子抜き)」をオーダー。
生玉子はすき焼きのを大事に取っておいたんです。
割り下を含んだ生玉子はさらにおいしいですよね。

私は単品マーボー豆腐を定食にしてもらいました。
ヤマピカちゃんには完全に手の内を読まれていましたが・・・

小鉢のマグロ煮も地味に美味い!

マーボー豆腐は、もっとチープな感じなものが来るのかと思いきや、トウチーをつかった本格派がやってきました。
辛味はあまりありませんでしたが、麻婆らしいマーボーですね。

もちろんマーボー・オン・ザ・ライス。
麻婆丼の完成です。


前評判通りの三ツ星食堂酒場でした。

成増と石神井はバスで結ばれています。
ここまでバス旅する価値ありますね。



ここでバスを使って石神井にとっとと帰ればいいんでしょうが、
それではせっかくのプチ遠征がおもしろくありませんよね。


では、東武東上線に乗りましょう。



やまだや
板橋区成増2−19−3
電話: 03-3930-5760





2016年9月28日水曜日

中国料理 梅林(五反田)

営業車で品川あたりを流していた。時は11:00を過ぎたあたり。帰社途中でなんか昼メシでも食ってくことにした。

なんかソース焼きそばの気分だったので、こんな所に来てみた。五反田にある中国料理 梅林(めいりん)。


調べてから来たものの、やっぱスゴイ肉ソースやきそば(850円)推しなんやな(笑)


店内はキレイで所謂「町中華」と言う感じではない。



メニューは町中華って感じやったけどね(^_^;)

麺類メニュー豊富すぎ

初志貫徹でメニューも見ずに肉ソースやきそばをオーダー。


うぅううう!


なんちゅー大盛や!!多分2人前前後ある(笑)

全然そばが減らない。。。


肉ソースというだけあって、肉の量は結構ある。

しかしキャベツが相対的に少ない。。。濃いソース味の箸休めとしても機能するハズのキャベツが少ない。。。なんとも攻撃的な仕様である。


一方、肝心のソースはシャバシャバ系ではなく麺に染み込み絡んだパッサリ系。若干甘いソースで後から少々の酸味が来る。不味いわけではなく美味いのだが、いかんせん量が量なだけに飽きてくる。キャベツがもっとあればな。。。

しかもこの麺、ワリと硬めで細麺ではあるもののワッシワッシと食う感じだ。

なんとか攻略。腹パンパンである。

ゲップぅぅぅぅ

麺を腹にブチ込みカタルシスを得たい時には最適なお店かもしれない。

和歌山県は二軒目飯店のソース焼そばみたいなん食わせる店、都内にないかなあ。。。

二軒目飯店の焼そば食いたいヨォォォ!!(出典:さすらいの武士様より)