2016年10月31日月曜日

【「立ち飲み」王道の系譜】 きど藤(高円寺)

小杉湯を出て向かったのは「きど藤」です。

高円寺駅から高円寺中通り商店街を進んでいくと左側に小さな立て看が出てきます。

なにかと目立つ古着屋さん(?)「はやとちり」の手前です。


そして、「はやとちり」を左に曲がると・・・

くらーく、せまーい路地に一軒、ひときわ明るいお店が見えたらそれが「きど藤」です。

以前は13時からオープンしていたようですが、
いまは先程の立て看によれば15時からのようです。

でも、某食べログには「営業時間17:00~23:00昼から営業は終わりました!」とあります。
どっちが正しいんだか・・・。

15時からやっていると嬉しいんで、お店が出している立て看を信じたいですね。

カウンター席の一番奥に通されました。

初訪問だったのですが、この位置だと壁に貼られたメニューや、
おすすめのホワイトボードがまったく見えません。

ドリンクメニューはとなりの壁でしたので、よくわかりましたけどね(笑)

とりあえず赤星
中瓶390円。

どうにかこうにか見えた短冊メニューからマカロニサラダを頼んだのですが、
この日は用意がないようで、ポテサラ(140円)ならあるというので、ソレにしました。

それとちくわ天(150円)

珍しいハイッピー(310円)を頼んで、中(190円)のおかわり1回しました。

締めて1190円也。
安っ!

赤羽の名店「立ち飲みいこい」
さらには立ち飲み界ではいまや飛ぶ鳥を落とす勢いの「晩杯屋」と経てきた方が、
この「きど藤」を立ち上げたんだとか。

立ち飲みの王道を歩んできたからこんないいお店にできるわけですね。
店の雰囲気というか、びみょーな店内の緊張感は「いこい」っぽいかな。


「きど藤」のルールというか、勝手がわかったので、
次の訪問時はもう少しゆっくり飲みたいと思います。


でも、この商店街には興味をそそられるお店が他にもありましたよ。

いまや少なくなってしまったやしろグループの定食屋さん「定食ヤシロ」
練馬高野台のやしろ食堂が閉店してしまったのは無念・・・


あんみつやかき氷がメインの甘味処なのに、
やたらラーメンが美味そうに見える「あづま」(笑)


ヤマピカちゃん、おとなりの中野ばかり行ってないで、高円寺もおもろそうだよ。


きど藤
杉並区高円寺北3−3−9

★荻窪にある塩対応の接客で有名な「きど藤2」にも行ってみるぞ~!!!





【自然回帰水&ミルク風呂】 小杉湯 (高円寺)

本日の銭湯は、『昼のセント酒 第11湯』にも登場した高円寺の「小杉湯」さん。

北口から庚申通り商店街を歩いて5分ほどです。

自然回帰水を利用したお風呂がこちらの自慢。
どんな効能があるのかよく知りませんが、なんかよさそう。。。


外観は重厚な破風を持つ昔ながらの銭湯ですが、
中はリニューアルされ、ミニギャラリーもある綺麗な銭湯でした。

入湯時間は17:30。
浴室には30人ほどが溢れかえり、カランはほぼ満杯。

ジェット付きの薬湯・日替わり湯(湯温熱め)・ミルク風呂・水風呂と4種の浴槽がありますが、
そちらもほぼ満員状態。(サウナはありません)

これじゃぁ、「こすぎゆ」じゃなくて「こみすぎゆ」ですわ・・・(笑)

地元密着、大人気の銭湯なんですね。


湯上がり後はロビーのミニギャラリーを少し鑑賞。
このときはキルト作品の展示でした。

マンガも置かれているので風呂上がりにのんびりできそう。

こちらのギャラリーもかなり先まで予約で埋まっているんだとか。



小杉湯の目の前にある「丸長食堂」が気になりましたが、
水・木が定休日らしく閉まっていました。

うーん、残念。。。
次回は風呂上がりに“食堂酒場”と行きたいもんです



『セント酒』ではこのあとは焼肉をつついてましたが、
私は高円寺の人気立ち飲み店でビール飲んできま~す!



小杉湯
杉並区高円寺北3丁目32−2
営業時間15時30分~1時30分
定休日:木
電話: 03-3337-6198

小杉湯ブログ→http://ameblo.jp/mirukumaru/




2016年10月30日日曜日

【お馬さんにさえ賭けなければ】亀戸餃子(錦糸町)

意識低い街と考えて、どこの街が思い浮かぶだろうか。上野や浅草、高円寺。いや、大井町か。

しかし、総武線沿線における都市性と、酒場、賭場が共存している街は、錦糸町のほかにあまりないだろう。

本日は競馬の天皇賞(秋)。錦糸町が意識低い老若男女で人口密度が高くなる。しかし私が錦糸町に来て最初に行くところは決まっている。

亀戸ぎょうざである。
はっきり言って私が食した餃子のなかでも一二を争う美味さなのだ。


それが本格的な鉄板ではなく、家庭用みたいなので焼かれているから驚愕する。

昼飯を軽く食ってきた私は、餃子2人前と老酒を頼む。ふむ、いつも通りだ。

待っている間もスポーツ新聞で予想に花を咲かせる。贅沢な時間である。

老酒が運ばれてきた。1杯180円。
これから金を賭けようとしている勝負師達には、最善の価格だ。

程なくして、餃子が来た。
これまた顧客のニーズをよく汲み取っている。
一人前づつ来るのだ。

普段は、醤油も酢もつけずに食べることが多いが、この店では秘伝のラー油みたいなのをたっぷりつける。

おー、これやこれや。
サクッとしてて、なかの肉と野菜がジュワっとくる。秘伝のラー油と絡まると最高。

一皿で老酒一杯を飲み、もう一皿来た頃に、老酒をもう一杯頼む。もはや計算されつくしている。


そして二皿目もサクサクっとたいらげてしまう。

そのうち頭が冴えてきたのか、本日のメインレースの買い目が決まる。

秋の天皇賞は固い決着が世の常だ。
モーリス、アンビシャス、ルージュバックを軸に固めれば問題ない。


15:40、発走のファンファーレが鳴る。
酔いが覚めるまで2分とかからなかった。
リアルスティール2着に入り、7300円が一瞬にして消える。さっきの店は締めて860円やったのに。。

冷静になれ。
本日は自炊すれば少しはリカバリー出来る。

てな訳で、錦糸町の有名店、魚寅にやってきた。

目当てはこれ。100g270円のマグロぶつ切りだ。


考えたくないが、突っ込んだ7300円で魚寅のマグロのブツ切り26個も買えるやないか。

ついでに駅前でやっていた福島復興市場で会津の酒、榮川(1400円)を買って帰る。


当然、本日は飲みに行かず、自宅でひとり鍋してコスト削減しましたとさ。

さかばのけいば 【天皇賞(秋) 予想】


「さかばのけいば」の連載をはじめたのが昨秋の天皇賞でしたので、
ちょうど1年となりました。

その昨年の天皇賞(秋)はラブリーデイが勝利し、
私が本命に推したアンビシャスは5着でした。

今年もその2頭は参戦していますが、
昨年の年度代表馬モーリス、海外GⅠ2勝のエイシンヒカリなど
天皇賞にふさわしいメンバーが揃いました。15頭と少し寂しいですが・・・


最初、本命はムーア騎乗のモーリスにしようかと思っていましたが、
調教と枠順を見て、エイシンヒカリ本命に決めました。

天皇賞(秋)で、1枠1番・武豊・快速逃げ馬と言えば、
否が応でも1998年のサイレンススズカを思い出しますよね。

このときのレースを思い出すといまだに悲しくて胸が痛みます。
あれから18年。
サイレンススズカが届かなかった賜杯の夢をエイシンヒカリが叶えてくれる信じて、
本命にします。

先週エアスピネルを3着に持ってきた武豊。
やっぱりユタカは凄腕です。

▲1998年天皇賞(秋)

○対抗にはモーリス
安田記念・札幌記念と少し勝ち運がなかったですが、
本来マイルよりも2000mの方が向いているはずです。
好位で競馬ができる自在性も魅力。
鞍上がムーアというのも心強い!

▲単穴にはアンビシャス
ハイペースとなれば、中団後方でじっと脚を溜めているであろうこの馬の出番です。
横山典弘も一発狙っているはず。
強い4歳世代。
昨年本命にしたアンビシャスを今年も応援します。

あとは、実力馬3頭を並べます。

△ ラブリーデイ    
  昨年の覇者の復活劇はあるか

△ ルージュバック  
  牡馬を3度倒した実力はホンモノか

△ リアルスティール 
  ドゥラメンテ世代の底力を見せられるか

そして、穴馬には・・・

☆ ヒストリカル 
実はデビュー以来、注目・応援してきた1頭なんです。
気づけばすでに7歳の古豪となってしまいましたが、
前走の毎日王冠では末脚鋭く3着に突っ込んできました。
GⅠの舞台は3歳時の日本ダービー(18着)以来となります。
がんばれ! ヒストリカル!


2016年10月29日土曜日

【巨人推しの赤星酒場】立呑酒場 魚屋よ蔵(中野)

やはり定期的に空気が吸いたくなる中野。金曜の夜、客先直帰でやってきた。なんだろうなぁ〜この包まれるような落ち着き感は。。。

寒くなり始めた今日この頃、暖機運転にとヤマピカが選んだ店は立呑酒場 魚屋よ蔵だ。

なーんか、やって来ちゃう店

めちゃくちゃ巨人推しのお店。

なんともいい光景だ

シーズン中、巨人戦がある日は2台ある壁掛けテレビに試合が映り、酔客達の豊かなエモーションを眺めながらアルコールを嗜む事ができる。

なんかわからんが存在感ある

自虐的なネタなのか?(笑)

さかばクンさんも一度お連れしたいと考えているのだが、なかなかその機会が無い。どうせなら来シーズンかな、巨人戦もう無いですもんね今季は(笑)

まずは生ビール(480円)。サッポロです。

美味そうだぜ!

思わず生と言っちゃったがシマッタ、ここ瓶は赤星なのか!?長く通っているが瓶で頼んだことないわ(笑)

次は瓶でたーのも!

いつも通り冷蔵室からカンパチ(280円)をセルフ取得。

毎度美しい

280円とは思えぬ美味さだ。舌鼓を打ちながらジワジワと生を費消していく。

醤油ドップリ派のヤマピカ

ツマも良いアテとなります

ビールも心許なくなってきた所で、シャリ金ハイ(300円?)をば。

よーし、混ぜっぞ!

もう寒くなって来たし、今シーズン最後のシャリ金オーダーかもせんなーと思いつつ。。。シャリ金を混ぜた。

しばしのお別れだな。。。

それに合わすは本日オススメの一つ、マーボードーフ(380円)だ。

これって絶対美味いよね?

これがまた優しい旨味と辛さ。もうハッキリ言ってチョー美味いっす!

しみる美味さやわぁ〜

魚推しのように見えて、こういった一品も突き抜けた独創感を出してくるのがこの店の良い所だ。

さて今日はこんな所でお会計。1,550円。1人ならマーボーをチビチビやっつけながらで、もう1〜2杯は呑めたろう。2,000円前後あれば相当満足できる良いお店だ。

さて修静堂いくか(笑)

店名:立呑酒場 魚屋よ蔵
住所:東京都中野区中野5-48-5
TEL:03-3319-8642

長崎らーめん 西海 本店 (多摩センター)

多摩周辺ラーメン巡りも、もう何店目ですかね。

いつか“多摩ラー”のまとめ記事を作りたいと思いますが、
この日のお店は、多摩センター地区で人気のラーメン店「西海」です。

練馬区民はほとんど知らないだろうなぁ~

「西海」って、立川WINS近くの「深大寺そば」や東京競馬場内の「馬そば 深大寺」、
さらには高尾山で人気の「ビアマウント」を運営する株式会社アーバンによるチェーン店なんです。

「西海」は、多摩センターや聖蹟桜ヶ丘、府中など京王線西部地区で9店舗展開しています。
ちなみに東京競馬場内にも「西海」あります。





長崎県平戸のあご(トビウオ)でとった出汁を使った豚骨ラーメンを提供しています。
だから長崎ラーメンってことなんでしょうね・・・

「あご」っていまブームで値が高騰しているらしいですね。

そんな「あご」ですが、
我が家ではブームの前から隠岐の「あご入りだし醬油」を使ってますよ。

これ絶品! オススメです! 

隠岐ウェブ商店街 あご入りだし醬油「飛魚ひとすじ」800円


宣伝はこのくらいにして・・・。

話を戻しましょう。

「らーめん西海」ですが、「西海」がチェーン展開するエリアではファンが多く、
「多摩センター店」が「西海」発祥の地であるため、
「聖地」巡礼をするラヲタが結構いるんだとか。



ですので、平日の昼時や土日は並んでることもしばしば。
店の前にはウェイティングエリアがあって、椅子が並べられています。


並んでいる間にメニューを検討することができます。
入店が近づくと、店内誘導まえにオーダーを先に聞かれます。

この日は、すんなり入店。
カウンター席いっぱいのため、2人がけのテーブル席に通されました。

炙りバラとろチャーシュー(780円)+トッピング高菜(130円)をオーダー。
紅生姜あおさはデフォです。

麺は熟成麺と赤麺の2種あるので、熟成麺にしました。
博多ラーメンほど細くもなく、低加水とも感じませんでしたね。

卓上には、餃子用の3点(醬油・辣油・お酢)のほかに、
柚子胡椒・にんにくすりおろし・替玉用のスープだれが置かれていました。

柚子胡椒での“味変”、抜群に合いますね!

替玉があると、替えてみたくなっちゃうのが世の常です。

今度は赤麺にして、半玉でお願いしました(70円)。


いわゆるスープはセントラルキッチンで作られているんでしょう。

ちょっと味が濃すぎるかなぁ~という印象でしたが、
あご出汁ベースの豚骨スープはたしかに美味いです。




今度は東京競馬場の「西海」でも食べてみたいと思います。



らーめん西海 多摩センター店
多摩市落合3丁目11−2
042-339-4948