2017年1月31日火曜日

【朝そばセットを“ヤマピ化”】 箱根そば (多摩センター)

ヤマピカリャー編集長のもと、複数のライターで書いているこのブログ。

毎日更新を目標としているが、
おっ、今日はまだ誰もアップしてないのかっ!

よーし、さかばクンがやっつけ仕事をするぞぉ~先に宣言しておく


**********


夜の炭水化物を控えるようなったせいで、朝からとにかく腹が減る。

「箱根そば」に駆け込んで朝そばセット(390円)をオーダーだ。


朝そばは朝10時までの限定メニューできつね・たぬき・わかめがのったお得なおそば。
(もちろんうどんも可・冷たいのも可)

朝そば単品だと、320円である。


朝そばセットにすると、鮭フレークがのった小ライスがつくのだ。

この日は、さらに贅沢して温玉(80円)を追加。
温玉はそばに入れてもらわず、「温玉、別添えにしてください」とわざわざオーダーした。


その理由は、温玉をライスにONするためなのだぁ~!

お箸で真ん中に凹みを作って、温玉を投入。


醤油をかけてかき混ぜる。
う~ん、鮭と玉子は合うよね。

ヤマピカちゃん、これ、どうよ?



なんか最近すぐにハイブリッド的なことをやってしまう。
まったくヤマピカ編集長の影響としか言いようがない。

これを“ヤマピ化”と呼ぶことにしよう(笑)

こういう食べ方って、間違いなく美味いんだよね~ (笑)



名代 箱根そば 多摩センター東口店
多摩市落合1丁目11−2 小田急マルシェ多摩センター
電話: 042-357-3552



2017年1月30日月曜日

【絶品トマトチーズ串鍋、〆はもちろん雑炊】 やきとり家 すみれ (石神井公園)

この日は、いつもお世話になってるTさんの誕生会。
いや誕生会という名の、いつもの飲み会(笑)

会場はTさんのお店「やきとり家すみれ」だ。


今日は飲み放題の鍋コースをお願いしている。


まずは乾杯だぁ!


塩だれキャベツ



フリルケールとグリーンリーフのシーザーサラダ




そして、この鍋がどうしても食べてみたくて、珍しくコースのオーダーにしたのだ。


トマトチーズ串鍋!


出汁は「うま辛」と「トマト」の2種類から選べるのだが、「トマト」にした。


あとはコトコト待つだけ。


チーズフォンデュのようにして食べる。
これはトッポギ


ひなトロ


よだれ鶏


自家製タルタルと黒酢だれのチキン南蛮


フライドポテト


ポテトもソースにからめて・・・


美味い!


トマトソースを注ぎ足し、〆を作る。


トマトチーズ雑炊とメニューにはあるが、これはリゾットだね。
串も美味かったけど、この〆はさらにたまらんなぁ。

正直なところ、トマトチーズ串鍋の写真、宣材写真がいいだけかと甘く見ていたが、
かなり美味い!

ただ、単品オーダーはなく、コースメニューのみなので、大人数のときにはまた注文したいね。



本日の主役Tさんには、
SAPPOROビールのフォトビーで注文したオリジナルラベルのビールを贈った。

今回はじめてフォトビー使ってみたけど、簡単で便利! 
オススメだね。


なべ店長さんも、忙しいなか、ありがとうね。



やきとり家 石神井公園店
練馬区石神井町3−25−5
電話: 03-5923-7329



2017年1月29日日曜日

【ユルユルだけど許せちゃう銭湯】 寿浴場 (成増)

冬晴れの木曜日。
年末に終わりきれなかった家の掃除を一生懸命やった。

うぉ~、朝から昼過ぎまでがんばっちまった。
おうちがキレイになったのは結構なことだが、“お休み感”が欲しい。

よ~し、銭湯行くべ

どこか未訪の銭湯はないかと探し、
練馬区と板橋区と和光市が複雑に入り組んだエリアに1軒発見した。

「寿浴場」だ。

左側はコインランドリー、長のれんがかかるところが玄関だ。



下足場で男湯と女湯に分かれるということは番台式だな。



自動扉と書いてあったが、手動だった。

がらっと入ると番台に人はいない。

店主らしきオヤジがソファに寝っ転がって男湯のテレビを観ていた。

15:00から営業と書いてあったはず。
時計はすでに15:30を回っているんだが・・・大丈夫か? この銭湯。

すると、どうやら私が男湯の一番客だったようで、
おもむろに脱衣場と浴室の電気をつけはじめた。

窓が多い浴室だなぁ。

磨りガラスではないので、外光がたっぷり入ってきて、
この時間は電気をつけなくても十分なくらい明るい。

ただ、南方向の窓の向こうにある建物からは男湯が丸見えな気がするんだよね(笑)


その窓側の壁面と反対側の女湯との壁面には固定シャワー付きのカランが並ぶ。
中央にも2列、島カランがあり、そちらはシャワーがない。

窓側に陣取り、シャワーからお湯を出す。

冷たっ!

ほんとうに一番客だったようで、まだ熱湯がシャワーパイプに十分回っていないようだ。
さっと体を流し、浴槽へ。

主浴槽とその1/3くらいの大きさの副浴槽がある。

バイブラやジェットはない。
サウナも水風呂もない。

いたってシンプルな昔ながらの銭湯である。


まずは主浴槽へ。
やはり一番風呂というのは格別だ。

湯温は適温で、やわらかい。
井戸水を薪で沸かしているのだな。

疲れが吹き飛ぶなぁ~
ひとりで男湯独占、う~ん贅沢♪

副浴槽に移ると、こちらは深風呂。

主浴槽に比べ、やや熱めという印象だが、
両者を隔てる仕切りには子どもなら潜って通り抜けられそうな穴があって、
なかでつながっているのだ。

ようやく、シャワーからお湯が出てくるようになったころ、
さっきの主人が男湯に入ってきた。

主人も入浴するようだ(笑)

そして、女湯から「もう少し熱い方がいい」なんてリクエストがあったもんだから、
まっぱのまんまで、浴室からウラのボイラー室に行ってたよ。

いちいち、おもろい銭湯だな。


湯上がりに牛乳飲もうかと思ったが、ドリンクの販売はない。

ドライヤーは、元々は有料だったと思われるが、
お金を投入する機械が壊れてしまったのだろう。

「ドライヤー無料」の貼り紙の下にドライヤーがかかっている。

遠慮無く、ドライヤーを使わせていただくが、
20円3分が体に染みついているのだろう。

無料でもきっちり3分でセット完了だ。

脱衣場の男湯と女湯を仕切る壁には、
なんともレトロな広告があった。

脱衣場に誰もいなかったので、写真を撮らせてもらったが、
「今話題の成人雑誌 成増にオープン」って、いつの時代だよ(笑)



ビニール本って響き、懐かしいなぁ~。

いわゆる「ビニ本」ってやつだが、いまの少年たちは知らんだろう。
そもそも現代っ子は、エロ本を本屋で買うなんてことをしないらしい。

ネットで、あんなんもこんなんも簡単に見られちゃう時代だからな。
羨ましいような・・・味気ないような・・・

さかばクンが純朴少年だったころは、
町にある小さな書店で、店番がおばあちゃんの時を狙って、
エロ本をコソコソ買ったものだ。
石神井銀座にあった富岡書店のことね(笑)

このときの緊張感や羞恥心ってものが、少年をたくましく成長させるんだがな。

若者の“酒離れ”はよく取り上げられるが、“エロ本離れ”も進んでいる。

コンビニのエロ本棚をよく見て欲しい。

若者が買うとは思えない、人妻・熟女ものばかり陳列されているのだ。

これはスマホやネットでエロ動画を観るようなことをしない(できない)世代、
つまりはエロ本文化に親しんできたオッサンをターゲットにしているからなんだってさ。



おっと。
いかんいかん、話が変な方向に行ってしまったではないか。


最後に銭湯のお遍路スタンプを押してもらおうとしたら、
銭湯のおばちゃん、番台には腰掛けておらず。

えーーーーっ!
ハイボールかなんか飲みながら男湯のテレビを観ているよ。

とことん、おもろい銭湯だな(笑)


「すみません、スタンプお願いします」

すると、おばちゃん、番台の下にある男湯と女湯を行き来できる壁扉をバーンと勢いよく開けて、
女湯側から番台に登る。

そして、スタンプを押したら、また勢いよく扉を開けて男湯側に戻ってくる。


へっ???

いま、一瞬女湯側の脱衣所、見えましたけど・・・

幸い、お客さんはいなかったので、脱衣所のロッカーがちらっと見えただけだが、
おいおい、それはマズイんじゃないの。(女性客がいないとわかっていたからだろうが)


いやはや、ここはグダグダ、ユルユルな銭湯なんだな。

そもそも名前もユルい。
寿浴場って書いてあるのもあるし、寿湯ってのもある。

まぁ、それでもなんかコミカルなご主人とおばちゃんで、
どこか許せちゃう銭湯ではあったが。。。

車は近くにある「出世稲荷神社」の前にあるコインパに停めた。





「出世稲荷」の名前の由来は掲示板にはこのように・・・

「出世稲荷神社」の名称がついた理由は、次のように伝えられています。
「この北方に川越街道があるので、昔、川越城主が江戸との間を往復する時、
出世の祈願をしたところから、いつしかこの名がつけられ(中略)
松平信綱や柳沢吉保のように老中、大老の要職についた大名があり、
(中略)そうした大名が、出世を祈願してお詣りをしたので評判になったのであろう。」



私も参詣して御利益を授かろうかと思いましたが、
目の前のこれしきの階段を登るのが億劫で、出世はあきらめました。。。(笑)



出世稲荷の先にある交差点。

練馬区民には昔から有名な中学校だ(笑)

区はどうして、この名前にしたかなぁ~ヽ(´o`; 

いかん、今日はどうしてもこういう方に話題がいってしまう・・・



そして、こちらは寿浴場の少し先にある「やきとん丸徳」
吉田類も訪れたお店だが、水木が定休日のようだ。

この日は、木曜だったのでお休みなんだね。



この近くには「浩乃湯」という埼玉県和光市の銭湯もある。

今度は、成増行きのバスで「牛房」まで来て、
「浩乃湯」→「やきとん丸徳」コースで決まりだね。



寿浴場(寿湯)
練馬区旭町3丁目11−17
電話: 03-3930-1887


2017年1月28日土曜日

【あぁ、なんてスペシャルな酒場!】三日月(新宿)

今宵はさかばクンさんと一緒に、twitterでお友達になったhesoさんと3人で記念すべき初懇親会!

さかばクンさん激推しの酒場、新宿歌舞伎町は三日月を予約してもらった!

最高の雰囲気や!

くぁ〜たまらんな!この佇まい!

まずはhesoさんとの出会いにカンパイだ!

くふぃ〜!潤うわ!!

hesoさんはとても柔和で、紳士な雰囲気をお持ちの方だった。しかしそこはかとない呑兵衛のオーラも静かに漂わせていた(笑)

さて、付き出しはスナップえんどうを茹でたものかな?最近はこういうのに弱すぎるヤマピカ。マヨ付けてザックリとした食感を楽しむ。

ブロッコリーとかも好きです(笑)

付き出しパート2は椀物。こういうものを付き出しで出されると思わず背筋が伸びますな(^_^;)

これだけで酒メチャ呑めんぞ(笑)

滋味深い出汁の味、最高!中にはブリ身?もゴロゴロと入ってて、ネギの甘味と相まってとても重奏的な味わいだ。っちゅーか宇宙的美味さやな、コレ!(笑)胃が温まると酒を受け入れる準備も整いまんなあ!

店内外から漂っていたバターの良い香りに辛抱堪らず、カキバターをオーダー!これまたプックリとしたカキがポッテリとお皿に盛られる。

ジューシー汁内包型

小麦粉などはまぶしておらず、ド直球なカキバター。絶妙な火の通し具合で、牡蠣の磯の香りとバターの濃厚な風味が、とても良いバランスで共存している。クチュと食むと、溢れるジューシー汁、最高やで!

ほんでヤマピカ、入店後からメッチャ気になっていたメニュー、牛カツ(ヒレ肉100g〜)を次に頼む!

凄すぎんだろ、コレ(笑)

ぬぅおおおおおおお!こりゃ芸術的な迄のレア感じゃないすか!!美し過ぎて、美味そ過ぎる!

まずはウスターソースぶっかけて食す。

ゴクリ。。。

うんめぇぇぇぇ!!抵抗なく噛み切れるシットリ柔らか肉質で、赤身の旨味汁溢れ出す!一口でペロン食いすると口内が幸せで溢れかえるで!

「まぁたそんな事やっちゃう」とさかばクンさんからツッコミを受けながら貪ります(^_^;)

添えられた千切りキャベツのマヨも付けて食うと、これまたやっぱりうんめぇよ!はぁ〜、なんかめっちゃスペシャル感あるな、この酒場!

もうこの辺りから熱燗攻め!なんか5分に1本、費消してたな(笑)

需給バランスが崩れ、途中から2本ずつつけてもらう生産体制に移行(笑)

そしてまた海産に舞い戻り、赤貝だ。貝から逐次、刺身として調理し、出してくれている。身、貝紐、肝と部位別に盛られ、肝は少々ばかり湯引きしている模様で、芸の細かさが光る!


コリクニュ食感素晴らしく、熱燗とめーっちゃ合いまんな!いや、たまげた!

そして野菜だ。なんだか今日はとても野菜を貪りたい気分。でも大丈夫ぅ(吉高)、野菜炒めが短冊メニューに掲示されているから。。。

野菜炒め〜〜。。。

。。。ん!?

グリンだよォ!

なんだ!?このオールグリンってのは!?堪らずオーダーや!

ほっほぉ〜!!こりゃほんまにオールグリンやないかい!!!(笑)眺めていたら視力回復するんちゃうか!?ってくらいグリン!

絶対に美味い

スナップえんどう、ピーマン、ニラ、アスパラ、ししとうが炒められているのかな?こりゃ「みどり/みどり/みどり」という、お任せ野菜三種炒めを保有する練馬のラーメン太郎もビックリやで!

お店の方から頂いたかんずりを付けて食べるとこりゃまた、めええええっちゃ美味いじゃないっすか!!!

堪らないよね、かんずり

いんやぁ、こりゃ最高だわ!

ザックリとした食感も楽しく、色々な野菜の味わいが次から次へと襲ってくる!改めて申し上げます、スペシャル感満載の酒場だ!!

すると最後に小振りの甘いミカンが。イイですねぇ、デザート付き!これでお口サッパリっすわ!!

甘さ濃縮!

とても小さな店で、予約できるのは1つしかない4人がけテーブルのみ(18:30迄に入店する必要がある)。しかも場所は新宿歌舞伎町にある『思い出の抜け道』。ややもするとこういうお店は、頑固そうな店主のオヤジがふんぞり返って、常連以外お断りな雰囲気を醸し出し、酒の味もわからぬ程の緊張感を店内に漂わせている。。。的な先入観を抱きがちだが。

最高の雰囲気

ここ、三日月はまーーーーーーったく当てはまらない!ご主人を始め、お店の方々のお仕事はとても丁寧で、接客も温か!とても心地良い酒場だ!!ちょっと感動しちゃったもんな(笑)

この小さな箱感と特徴ある美味い料理、そして素晴らしい接客。三度申し上げますが、スペシャル!スペシャルな酒場だ!!御馳走様でした!!!こりゃ通っちまいそうやで。。。


さてhesoさんと我々は初対面でしたが、全員呑兵衛ってことでシームレスに飲酒継続(笑)1軒目は三日月で良いスタートを切ることができました。2軒目もさかばクンさんに先導をお願いして向かいますかぁ!(さかばクンさんが後日記事アップされます(^_^;))

ほほーん!?ここが次なるお店か!

店名:三日月
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-3-10
TEL:03-3209-8566