2017年6月30日金曜日

【東大名物!? 赤門ラーメン】東京大学生協 本郷中央食堂(東大前・本郷三丁目)

本日は「東京大学」でランチ。

歴史ある安田講堂は威風堂々としているの~


なんかここに立つだけで頭が良くなった気がするし(笑)


さてさて。
その安田講堂の前に、地下へ通じる階段があるのをご存知だろうか。

なんかこの階段からカリオストロの城を思い出してしまったが、変かなぁ。


なんと安田講堂の地下空間には
東大生協による「中央食堂」があるのだ。


放射状に広がる独特の食堂だ。


階段を降りたら、まずはこの地下空間に浮かぶ連絡橋があらわれた。

橋の向こうには食品サンプルが陳列され、人々が群がっている。




せっかく来たのだから、東大らしいメニューを食べたいぞ。


おっ! ちゃんとあるじゃないか。
その名も「赤門ラーメン」

赤門にかけた、真っ赤な激辛まぜそばのようだ。


メニューコーナーの先には、食券機ではなく、
なんと有人窓口による食券売り場があるのだ。

すると、窓口のお会計では交通系ICも利用できるではないか!
これは便利だ。

さすが東大。
なんか学食もいちいちすげー。。。



「赤門ラーメン(500円)と温玉(70円)をください!」


食券を握りしめ、さらに地階へ降りると、さきほど上から見えた客席が広がっている。

麺コーナーに並び、Akamonゲットだぜ!

湯切りした麺の上に真っ赤なあんかけが大量にかかっている。

スープはありません。
麺と混ぜてお召し上がりください!
という表示はこういうことだったのか!


赤門ラーメンはやはり人気メニューのようで、
専用の調味料が置かれている。

コリアン唐辛子・ラー油・にんにく
後方は胡椒やお酢かな・・・


このあとの仕事を考え、にんにくは控えたが、
コリアン唐辛子をひとかけ。
ラー油を一回し入れる。


ひきにく・もやし・白菜・きくらげのあんかけは粘度が高い。
想定外は、椎茸もはいっていたことだ・・これはリサーチ不足であった。

あんかけに埋もれる椎茸をまずコツコツと発掘し、丼のへりに丁寧に除ける。


あんかけと麺をぐっちゃぐっちゃに混ぜて食べるわけだが、
これは相当気をつけないと赤いあんかけが飛び跳ね、シャツを汚すことになる。

私はビジネスリュックを体の前に抱え、楯にして食べた。
変なオッサンと東大生に思われたと思う・・・( ̄0 ̄)


「赤門ラーメン」って画像検索かけると、
コリアン唐辛子やにんにくを大量にぶちこんでいる写真がドドーッと出てくるが、
温玉をトッピングしている写真は見当たらない。

私は赤門ラーメンを見たときから
「温玉」のトッピングがこのラーメンには合うと思っていた。

「日高屋」に以前あった「旨辛温玉ラーメン」が頭に浮かんだからだろうな。

1/3食べ進めたところで秘密兵器「温玉」を投入!


辛味と温玉の甘み・旨味が絡まり合い、味をふくよかにし、
辛味をマイルドにさせる。


赤門ラーメン+温玉って、さかばクン的には大いにアリだと思うんだけど、
麺類カウンターで「温玉でいいんですか?」って
学食のおばちゃんに確認されたもんなぁ~

玉子のトッピングなら、味玉をのせる人が多いのかな。

~トリップアドバイザーより

東大名物の赤門ラーメンは、ハーフサイズもあるので、
定食+ハーフ赤門、カレーライス+ハーフ赤門なんて組み合わせても良かったかもね。

ごちそうさまでした!


いったい何枚、安田講堂を撮れば気が済むんだか(笑)



口の中が真っ赤っかなので、東大工学部にあるスタバに立ち寄る。
キャンパスにスタバかぁ~、うらやましい。


構内のベンチに座り、チューチューするオッサンの図。
う~む、ひんやり♪ さっぱり♪


安田講堂の裏手にあるローソンも東大仕様になっているね。



さきほどの中央食堂は、
8月4日から来年3月末まで、長期間にわたる改装工事に入るようだ。

昔からの中央食堂で食べるなら、いまのうちですよぉ! 



東京大学生協 本郷中央食堂
文京区本郷7丁目3−1




2017年6月29日木曜日

【祝2周年!】もつ焼 加賀山(石神井公園)

「もつ焼加賀山」さん、2周年おめでとう!

6月15日の加賀山誕生日にヤマピカちゃんとS子ちゃんとお祝いにかけつける。

酒団邦人 生麦酒美味総合研究会」&「喜酔人は今日も直行直帰!」から
お花とビールをプレゼント。


ビールはSAPPOROフォトビーというサイトを利用して、
大将とちかちゃんのツーショットをボトルにした特注ピルスナーを注文。

このフォトビー、ほんと簡単で便利。
贈答用にすんごくいい。


2周年を迎えるこの1週間はスペシャルウィークということで、
お好きなお料理がおひとり様1品ずつサービスなのだ。



もつ煮女子の娘も参戦し、4人で乾杯。
娘は食うだけ食って、帰ったけどね(笑)




ヤマピカちゃんのいやがらせ。
あの手この手で椎茸を俺に食べさせようとするのだ(´д`)












最後にハーゲンダッツごちそうしてもらっちゃった♪


2周年の笑顔はとびきり眩しいなぁ(笑)


加賀山さん、この2年で実はじわじわと進化している。

メニュー構成に微妙な変化を加えたり、シャリキンにこだわってみたり・・・。

そのなかでも一番の進化は、日本酒だよね。

はじめは、大将の幼なじみが日本酒に詳しく、あちこちから仕入れてきてくれたのだが、その方が亡くなられてしまった。

その後、大将がその方の思いというか遺志を受け継ぎ、
一生懸命日本酒の勉強をしながら仕入れてきているのだ。

地味ながら、堅実に成長している「もつ焼 加賀山」。
私ももうすぐ登頂回数が大台を迎える。

いつ行っても、いつもの加賀山で在り続けてくれることが一番だ。

大将、ちかちゃん、元気にこれからも頑張ってください!


もつ焼 加賀山
練馬区石神井町3丁目28−4
電話:03-3997-5013





2017年6月28日水曜日

【日替ランチ700円!】キッチン早苗(東中野・大久保)

先日、淀橋市場内にある「伊勢屋食堂」で昼食をすませたのち周辺散策をしたところ、
おもろい店があるわ、あるわ(笑)

そのとき発見したたお店のひとつ「キッチン早苗」に突入だ。


店頭には今日の日替わりメニューが出ていた。
700円とはお手頃価格。


ちょっと癖のある重たい引き戸を開けて中へ。

店内はカウンター席とテーブル席があり、カウンター席へ。
そして、壁には魅惑のメニューがずらっと模造紙に貼り出されている。


ハンスパ、いいなぁ♪


カウンター内には一品メニューも貼ってあったから、チョイ飲みもできそうだ。


「日替わりランチ、お願いします!」

するとまずお新香が出てきた。


しばらくして、日替わり完成!!


チキンカツは脂身の少ない部位をさくっと揚げている。
ウインナーエッグは玉子2つ。


キャベツのウラにはポテサラが隠れていた。



お味噌汁は具だくさん。


ライスを少々残して、最後の玉子ひとつはオンザライスでいただく。


いやいや、いいじゃない。
昔ながらのキッチンはとっても落ち着くなぁ。

お母さんと娘さんなのだろうか、女性2人で切り盛りされていたが、
接客もソフト。

そして、ボリュームもコスパも十分満足できた。
「手づくりソースの店」とあるから、今度はデミグラ系を食べてみたいかな。

次こそ、ハンスパにしよっ。


「キッチン早苗」がある「大町通り」は、
東中野からも大久保からも高田馬場からも遠い場所だが、
昭和喫茶や町のとんかつ屋さんなど、ネタになりそなお店の宝庫だ。

この通りには「柏湯」という銭湯もあるので、
セント酒も楽しめそうだね。

しばらく通ってみようかな(笑)


キッチン早苗の兄弟店、「キッチンニュー早苗」ってのが高田馬場にあるようだから、
そっちも要チェックだ。



キッチン早苗
新宿区北新宿4丁目12−5 マンション中村
電話: 03-3362-6387