2017年7月25日火曜日

【『やきとん』非主流派酒場】やきとん かなめ(要町)

前回の串カツ田中 要町店に続き、要町を再度攻めてみることにしたヤマピカ。なにやら商店街を発見したので、そちらに入ってみた。

すると直ぐに何やら明るそうな酒場を発見。やきとん かなめとある。ほほー、ちょっと入ってみっかね。

へー、こんなとこに酒場が!

やきとんとの事だが、店内は煙でモウモウとはしておらず、とてもきれいな感じ。女性でも入りやすい雰囲気だ。

綺麗な店内っす

さて先ず1杯目はどうするかね〜とドリンクメニュー。

日本酒の種類多いね

おおっ!赤星がある!って事でまずはそれを。

GOLD

中瓶で550円はそれなりの価格。しかしビールは勿論、ビアタンもしっかりと冷やされており、ちょ〜ウマイ!

さて肴は何を頼むか。フードメニューを眺める。

ほほ〜っ色々とあんなぁ!

やきとん屋かと思いきや、全体に占める量は少なく、一品物が多い印象。180円〜680円の価格帯で、1人呑みだと少々オーダー構成に工夫を要しそうだ。

一品物を2つほど、後は、炭焼き串を数本オーダーする感じが丁度良かろう。。。という結論に至ったヤマピカ。取り敢えずアボカドときゅうりの梅肉和え(440円)をオーダーする。

うんまそ

おお〜結構良い盛りっぷりだ。しかもウンメェ!きゅうりのシャク、アボカドのヌルとした食感のギャップが楽しい。森のバター・アボカドの濃厚な味と梅肉の爽やかな酸味という組み合わせもかなりオツな味わい。クセになる感じだ。ありそうでない美味しさ、イイっすね!

ちょうどアボカドと赤星を費消し、次なるはホッピーセット(450円)を黒で。ナカが250円でワリと良い価格帯なので、ナカおかわりは1杯と計画しよう。

まぁ、水位はこんなものかね。。。

そしてそれに合わせるは豚肉屋さんのメンチカツ(420円)。美しいじゃないか!

こりゃ良い佇まい!

ミンチ肉がフウワリと香る。まるで551の蓬莱の肉まんのような香りで、関西人であるヤマピカの食欲を刺激する。

そりゃ〜辛子オンっすわ!

衣、サクリと軽く。肉質は程よくジューシー。ってか、ほんまミンチ部分は蓬莱を連想させる程の味わいだ。ンマ!

メンチカツをチビチビとツマミながらナカをおかわり。ん〜やっぱこりゃ3杯目を計画だな〜(笑)

んごんごんご。。。

そしていよいよ炭焼き串を行く。はらみ(150円)、とんとろ(180円)、ミニトマトのベーコン巻(150円)とした(塩、タレ味付けはお任せで)。

なんか意識高い感じやろ?(笑)

はらみは塩で登場。しっかりとした肉質(硬いわけではない)で、肉食ってる感満載でナカナカ良い良い。

ムギュムギュと食らう

おおう、味噌味濃いのう!

付属する味噌ダレもパンチある物で酒が加速する。案の定、計画変更。ナカ3杯目へ(笑)。

食いかけ(^_^;)

ちょい味噌のキャラが強すぎるか?

このとんとろ、なかなか美味い。味付けは塩だが大正解。ブタアブラ旨味がストレートに味わえる。アブラ部分もグニとネチャとしているわけではなく、あくまでザクとした赤身部分を支援する名脇役となっている。

ミニトマトのベーコン巻きも裏切らぬ味。コイツで最後のホッピーを飲み干し、店を後にした。

ベーコンはカリ。トマトはグシュとジューシー!

要町駅近辺となると、地下鉄駅しかなく、なんとなく地上は無機質になりがちかと思いきや、こういう酒場もあったんだな。やきとんと言いつつ一品物も多く、居酒屋利用できる感じの店で使い勝手は良さそうだ。ふむふむ!

あぁ〜やっぱ3杯目ナカ、あれが効いたな。。。良い気分や。。。

もっと探索すれば酒場が出てくるかな?


店名:やきとん かなめ
住所:東京都豊島区要町1-19-7 金子ビル 1F
TEL:03-5926-6922
営業時間:平日17:00〜24:00(L.O 23:00)
16:00〜24:00(L.O 23:00)
日・祝日16:00〜23:00(L.O 22:00)

不定休

0 件のコメント:

コメントを投稿