2017年7月31日月曜日

【光る溶接技術!クラフトビールが愉しめるお店】WELDERS DINER(石神井公園)

さかばクンさんと地獄湯(豊宏湯)を嗜み、7月29日よりプレオープン中の新店、WELDERS DINERへとやってきた。

意識が高そうな佇まいで、腰が引けてしまうヤマピカ

共同経営のオーナーさんがいらっしゃるようですが、その内のお一方が鉄鋼加工のスキルをお持ちということで(鉄作家)、お店の雰囲気も全体的にIRON。かなりの部分を手作りされているようだ。

相当デカい箱だな〜

プレオープンメニューだ

アルコール充実

CAFEでもある

どう見てもクラフトビール推しな感じのお店なのに、サッポロラガー(赤星)(中瓶650円)が置いてあるとそっからいってしまう我々。やっぱ風呂上がりはカーッと行きたいもんね(^_^;)

やっぱ美味い!

落ち着いていよいよDRAFT BEERへ。さかばクンさんはBitch Brew/所沢ビールのレギュラーサイズ(270ml/700円)、ヤマピカはHUB ORGANIC IPA/Hopworks Urban Breweryのレギュラーサイズ(270ml/800円)をオーダーする。

意識高い感じだぜ〜ぃ

このブログでこんなにアルファベットを打ったことはない(笑)要は小規模醸造所の樽出し生ビールっちゅーことですよね!?

まぁ流石にホップの風味というか苦味というか、パンチある味わい。こないだの北米出張でおすすめのビール頼むと殆どIPAだったなぁ〜、そういや。

先約がお有りだったさかばクンさんはこのあたりで一足先にご帰還。残ったヤマピカはアテともう一杯ビールを嗜むことにする。

野菜フリッター盛り合わせ(680円)を頼んでみた。カリと仕上がり美味しい。今日の野菜はゴボウとナス、ズッキーニのようだ。ブルーチーズのソースに漬けて喰らう。

かなりボリュームがある。お一人様用にハーフが欲しいなあ〜、フライドポテトはSサイズがあるようだが。。。

ズッキーニがデカ過ぎて器のタレに浸しにくい(^_^;)
(写真はナスです)

次なるビールは黒潮の如く(Stout)/京都醸造所(270ml/700円)だ。似たビールで有名なのはやっぱりギネスなんだろうけど、これはもっと苦味や酸味が先鋭なもの。まるでコーヒーを飲んでいるような風味も感じるのが面白い。


プレオープンメニューだったので、タップの構成も今後都度検討されるとの事。きっとフードも拡充されていくんだろな〜。ランチも8月に入ったら開始ということで(サンドイッチらしい)。。。

石神井公園のバーと言えば五百樹Bar buuZe nutsスプラウトなどが当店の近くにありますが、盛り上がっていくといいな〜。


当店の店名にもなっているweldと言うのは溶接という意味。営業で鉄鋼業界を担当しているヤマピカ的に、とても親近感のわくワードだ(笑)是非、人と人とを繋ぐ(=溶接)ようなお店になってほしいですね!このマルチマテリアル化の時代、溶接剤と溶接技術はとっても重要ですし(^_^;)


店名:WELDERS DINER
住所:東京都練馬区石神井町6丁目16−11
営業時間:11:00〜23:00(ランチタイム11:00〜16:00、バータイム16:00〜23:00 LO22:30)火曜定休

0 件のコメント:

コメントを投稿