2017年8月30日水曜日

【ピザ・ピザ・ピザ・ピザ・ピザ・・・・・ピザ食べ放題10枚食べました!】コルノ ビア ンコ(石神井公園)

富士街道沿いにあるイタリアン「コルノ ビアンコ」
8月30日・31日の2日間「ピザ食べ放題」
をやるとの情報をキャッチ。

夏休みもあと2日だし、
このところ私並みに食べるようになってきた長男・次男、そしてぴょんさんを連れて
最後の夏の思い出に"ピザ祭り"をやっちゃうか!


2000円で8種のピザが食べ放題というが、小学生の次男はなんと半額の1000円だ。

よーし、息子達には負けられん。
がんばるぞぉ~!


マルゲリータと4種のチーズの2枚はファーストオーダーとして決まっていて、
その2枚を食べると「食べ放題」がスタートするシステムだ。


私とぴょんさんは、生ビールでまずは乾杯!


マルゲリータ


4種のチーズ 


そのままでも美味しいし、添えられてくる蜂蜜をかけてもウマイ!


当然、8種はすべて食べますよ~♫

キノコとハム


シラス・ニンニク・バジル(チーズなし)


チキンとナスのアラビアータ


カプリチョーザは、ベーコンと枝豆


マリナーラ(トマト・ニンニク・アンチョビ)


8枚+マルガリータと4種のチーズをおかわりし、4人で10枚いただいた。

Mサイズ(21cm)と4人には適度なサイズだし、生地も厚すぎず、薄すぎずで、
パクパク食べてしまった。

2枚運ばれてくると次のオーダーを聞いてくれたので、
ストレスなく次々とピザがやって来たのも嬉しかったな😋

ロゼのスパークリングワインも1本ぺろっと空けてしまった。



いやぁ~満腹、おなかパンパン。
私も子どもたちも、しばらくはピザはいいかなってくらい大満足だ(笑)

明日もやってますので、
大食いの方、ピザ好きの方、夏休み最後の日に楽しいことしたいファミリー・・・
ぜひ、どうぞ!


コルノ ビアンコ
練馬区石神井町6丁目26−18 ダイアパレス石神井公園第2 101
電話: 03-6324-0065
定休日:火


2017年8月29日火曜日

【八重山列島に灯る癒やしの酒場】RESTAURANT&BAR 字南風見(あざはえみ)(西表島-大原)

今年も行ってきました西表島

浦内川支流のマングローブ。
ヤマピカ撮影、美しいでしょう!

東京に戻り「島ロス」なヤマピカですが、昨年訪島時は食系ブログを書けていなかったので、頑張って今年は記事をアップします(^_^;)

西表島には上原港(西部)エリアと大原港(東部)エリアがあって、ヤマピカときんぐふぃっしゃーは専ら大原エリアで過ごす。

大原航路の方が欠航は少ない

上原は西表の都会なので、ショップや各種アクティビティを提供するツアー会社も多いのだが、我々にとっての西表は大原!っちゅーくらい、馴染んでしまった(島内でも西部と東部の交流が殆ど無いらしいっちゅーのがまた面白いのだが)。

そんな上原に比較して店が少ない大原ではあるが、良い酒場は幾つか存在する。観光客だけでなく、永く西表に根付いた地元民も良く利用する酒場が多いので、土着的雰囲気を味いながらコミュニケーションを愉しめるのだ。そもそも上原と比較して観光客が少ない?ってのもあるのだろうが。。。(^_^;)

んで、ヤマピカ達がベースとする酒場がココ、字南風見(あざはえみ)である。

いやぁ1年ぶり!

見た目はオシャレな南国カフェバー的な佇まい。ホントに日本の最西端に近い西表なのか!?って感じるくらいの洗練具合(^_^;)店内はカウンターとテーブル席3つ程。オープンテラス席もアリ。

カウンターからの光景。今年はボトルキープするぞ!

メニューはこんな感じで、沖縄料理もあれば当店オリジナルなものまでラインナップ。

ドリンクメニュー

こう見るとドリンクメニュー豊富やな!(笑)

魅力的だァ〜〜

シメのメニューもぎょーさんありまっせ!

まずはオリオン生で乾杯じゃぁ〜〜!

かんぱぱぱ

やっぱ現地で呑むオリオン最高過ぎや

それに合わすはこのタコカマだ。数年前訪れた際、初めて食したツマミ。

コレコレっ!

沖縄名産と言うわけではなく、通販でも買える代物なのだが、食べたことがない方には是非オススメしたい。

要はタラやタコのすり身乾物を削り出しているものなのだが、それをオーブンでチン。マヨポンで浸して食うとこれがまた止まらん美味さ!

通販で買って食べてみて下さい!

タコカマでオリオン費消。請福(泡盛)をボトルで入れちゃいまっす!

喜酔人ブログ登場店で間違いなく最西端ボトル(^_^;)

飲み方は黒糖さんぴんハイで!請福をさんぴん茶で割り、角切り黒糖を幾つか投入する。これがなかなか他では呑めない代物!沖縄料理店に行ってさんぴん茶割はオーダー出来ても、黒糖が無いケースが殆どなのだ。意外なんだけど。

はぁ〜うんめ!

最初は軽く黒糖を崩して飲み始める。上品で仄かな甘味を感じつつ、さんぴん茶の爽やかな風味でグイグイと。

ここまで来るとじわっとした黒糖の甘味が強くなる!

水位が低くなる度に黒糖の甘味が強くなり、それがまたオカワリを誘ってくるっちゅー永久運動誘発物質。ベロ酔いである。

何杯呑んだかわからん(^_^;)皆さんもお家でやってみて下さい!

次はカーナサラダ。カーナとは西表で採れる海藻のことなのだが、野菜と和えてゴマドレで頂く。

まじカーナ美味し!

程よい歯応えがあるん良いよな!

シャリとしたサラダとコリとした海藻の食感がなんとも楽しいし、何より、ウンメェ!必ずオーダーする逸品である。

そしてスーチカ!豚肉の塩漬。こいつがまた良い塩加減でうんまい!

ゴクリ。。。

和辛子まぶして食うと、こらまたウンメっ!!

都内の沖縄料理店でも見かける料理であるが、ここで食うスーチカがいっちゃん美味しな気がする!!

吊りメニューでやたらと存在を主張しているスープ揚げタコがどうしても気になってオーダー。


なかなか画期的な短冊?メニュー掲示方式

タコの唐揚げ浮く暖かなスープ。。。かと思いきや、全く違う物が登場。手製のもずくタレをアレンジした物に揚たこ焼きが浮いている。


予想外!

タレに浸っとるんやけど、カリッ!

表皮は薄ーく、カリッとした食感を残しており、食むとジュワーと染みたタレと、トロとした生地が溢れ出す。こりゃ最高やないかい!

カリカリポークはその名の通りスパムをフライパンでカリカリになるまで焼いたもの。焼き加減絶妙で、エッジはカリッと中身はシットリと仕上がっているぞ!


めーちゃくちゃシンプル

んでも美味いんだよなァ

なまりぶしトロロ。これもしっとりとした食感で非常に美味いヤツ!またそこにトロロが合うんだよなぁ〜!これ、あんま他に類を見ない肴だよなァ!



ほわほわしたシーチキンっぽい食感だ


そしてシメは特製カレーライス!これは昨年行った際に食ってハマってしまった逸品!いやぁ〜食べたかったぞおおおお!


これめっちゃ好っきゃ!

タマネギ、ピーマン、しいたけ、にんじん、島かまぼこ等を細かく刻んで牛ひき肉と炒めた後、辛口のカレールウで煮込んだ物なのだが、ほんまメッチャ美味しィィィィィィ!!絶対いつか自分も試作してみるぞ!


必ず近い形に再現してヤマピカレシピとしてブログに載せたい(^_^;)

因みに当店ランチメニューもやってます。サラダ、スープ付で500円と超良心的価格!


残念ながら今年はタイミングが合わず、ランチを食することは叶わなかった。。。

西表島の大原地区に来られた際は是非利用頂きたい良酒場だ!感じのいいママさんと息子さんがテキパキと、そして、沖縄らしい大らかさで接客してくれるぞ〜!


壁という壁にお客さん達との写真が貼られている。1年に1回の訪島にも関わらず、ママさんはヤマピカ達の事を忘れず覚えていて下さった。こちらが忘れているような過去の話題までも覚えているんだから、スゴい癒されるお店だわ。。。


店名:字南風見(あざはえみ)
住所:沖縄県八重山郡竹富町字南風見508-51
TEL:0980-85-5777
営業時間:11:30〜14:00(LUNCH)、17:00〜22:00(DINER)
※火曜日のみランチ休み
※閉店時間はあくまで目安です。22:00で帰ったり帰らせられた事は今まで1回も無い(^_^;)

【創業50年のおでん、でもホッピーは勉強中】おでん お多幸 支店(上板橋)

このところちょいちょい上板橋に行くことがあるので、
用が済めば、当然「さかばクンの酒場放浪記」となるわけだ。

この日は上板橋駅南口を出てすぐのところにある「お多幸 支店」だ。


そう、日本橋にある「お多幸」のれっきとした「支店」なのである。

なんで上板橋に支店が?

・・・と素直に思ったので、とにかく入ってみることにした。


カウンター席の手前側に座る。
口開けの客のようだ。

瓶ビールが、キリンクラシックラガーってあたりがニクい。


およよ!?
明らかに本店より安いぞ。

このあたりは《お多幸ブランド》というよりも、
ちゃ~んと《東上線適正価格》なんだね。


おでんメインながら、フツーの居酒屋メニューも豊富だ。



おでん鍋の前に座ってよかった~
煮込まれるタネを眺めているだけで楽しい。


栄えあるファーストオーダーに選んだのは、
私の《おでんバロメーター》である「ちくわぶ」と「だいこん」(ともに140円)だ。

そこに、ギョウザ巻という変化球を織り交ぜたのだが、残念ながらギョウザ巻はまだ煮込み中ということで、シュウマイ巻(180円)となる。

色味はやはり醬油しっかりの関東風だが、
こちらのはかなり甘めの味付けだ。

これは好き嫌いが分かれそうだが、私はキライじゃないなぁ。


一品料理からはポテトサラダを選ぶ。

すると店を切り盛りする女将さんがマヨネーズを取り出しこさえているようだ。
作り置きじゃないのか!?

そして、登場したのがこちら。

わ~お!

こりゃ、「とき」のマスターが作ってくれたポテサラを彷彿させる
マヨと玉子がたっぷりのポテサラだ。


フレッシュなトマトがいいアクセントになっていて、めちゃくちゃウマイ!

「実はこれ人気メニューなのよ」と女将さん。
おひとりさまにはボリューミーであったが、これは毎回頼んじゃうだろうな。


そして、「と~ふ」と「こぶ」(ともに140円)をいただく。

お多幸といえば、とうふだし、
こぶは、女将さんがオススメしてくれたものだ。

おでんダネは、本店と同じものを使っているわけではないようで、
価格を考えればそうだろうね。

でも、「と~ふ」と「こぶ」は本店と同じ仕入れなんだって。
だとすれば、140円はかなり安いって!

もちろん、この「と~ふ」をごはんに乗っける「お多幸名物のとうめし」もできるが、
今日はやめておいた。

こぶはおでんの出汁にもなるし、自分自身がその出汁を吸っているので、
滋養たっぷりの昆布になっている。かむとくた~っと柔らかく、
まさに"THE おでん"であった。


大瓶を飲み干し、おとなりさんが頼んでいたホッピーにスイッチ。
ナカは金宮だ。

バイトのお兄さんのホッピーの作り方がどうもおぼつかない。
手探り感、満載なのだ。

言わんこっちゃない。
ナカの水位が河川氾濫情報レベルの水位ではないか(笑)


おかわりも(笑笑)


おかわりも(笑笑笑)
ナカ3杯でも、まだソトが残っているのだ。

聞いたら、最近ホッピー&金宮を置くようにしたみたいで、
ホッピーにおける金宮の適性水位を量りかねているようだ。

この水位は呑兵衛にはたまらなく嬉しい量だけど、
お酒の弱い人には相当キツイですよって伝えておいた。


夏でもおでんをメインとしている赤提灯って減っているように思うんだよなぁ~

明るくハキハキ、チャーミングな女将さんに
「いつからやられているんですか?」ってたずねたら、
「もう50年になるのよ」だって。

予想を超えていた。。。
すんげぇぇぇぇぇ

今日はこれにて引き揚げるが、寒くなった頃に必ずや再訪しよう。
冬はおでんとお燗は最高のマッチングだ。

そして、その後のホッピー水位がどうなったかも確認しないとね(笑)


あ、そうだ。
トイレに行ったら2つビックリした。

ひとつは奥にひろ~いお座敷があったこと。

そして、もうひとつがトイレだけやたら近代的なこと(笑)
他の空間とのギャップにウケた(^0^;)



おでん お多幸 上板橋支店
板橋区上板橋1丁目27−7
電話: 03-3931-9610
営業時間:17:00~24:30
定休日:日


********************


そして、石神井に戻ったころには、"危険水位"の3杯が効いてきた。。。

なので、冷静な判断力を失い・・・「もちっと飲んじゃえ!」ってなる。

気づけば「加賀山」にいた(笑)


すると、おとなりに並んだ美女おふたりさまが、
ブログを読んでくださっているようで、
まさかのさかばクン来店にやたら喜んでいる。

愛読者の登場で、急に意識がはっきりしてきて、ご挨拶。

「いつも楽しく読んでます」なんて言われちゃうとホント嬉しい♫
これからもよろしくお願いします🙇


たれと塩の"ハイブリッド"つくね


さすがにもう飲み疲れてきたので愛のスコールサワーで〆よう。。
いままでのスコール缶は、左の寸胴型だったが、右のスリムなのに変わるよう。

私的には左のズングリムックリした方が親近感があったのになぁ(^^;


大将やおとなり女子とおしゃべりするなかで、
「ヤマピカちゃん」というフレーズが飛び出していたようで、
今度は奥に座るイケメン男子が身を乗り出し反応してきた。

なんとイケメン男子は大泉学園にある「大森喫茶酒店」の店主だったのだ!

まだお店に行けておらず、早く伺いたいなぁと思っていたが、
まさかお店ではなく「加賀山」で先にお会いしちゃうとは(笑)

大森さんは、ヤマピカちゃんから「加賀山」の話を聞いていて、
ご友人とはじめて来られたとのこと。

いやぁ、「加賀山」に寄って正解だったわ~
噂通りのイケメンっぷりに驚いた。

なんて遭遇話をしていたら、
すぐに食いつくぴょんさんとS子ちゃん。

翌日、ふたりは「大森喫茶酒店」にはじめてお邪魔したのだ。
まったくイケメン好きなんだからぁ😏

あ~あ・・・
これで"きっちゃけてん"に未訪なのは俺だけになってしまったのだ。。。


もつ焼 加賀山
練馬区石神井町3丁目28−4
営業時間:17時~0時(23時LO)