2017年12月31日日曜日

【2017年をふりかえる】じゅにあ的 アイドル楽曲大賞

お久しぶりです。じゅにあです。

今年も年の瀬ということで、最近はほとんど記事をあげられていない私ですが、喜酔人ブログを最後にジャックしまして、昨年に続き、勝手に2017年アイドル曲ランキングを発表したいと思います。

かといって、アイドル現場に足しげく通ったかと言えばそうでもなく、今年後半は、社畜活動からの晩杯屋orかぶら屋が常態化し、荒んだ日々を過ごしておりました(泣)。

正月休みの暇つぶしにでもしていただけると幸いです。
でもって、さっそくカウントダウン開始!

【10位】
CY8ER/かくしぇーむ
なぜだかBlogerからの動画制限が厳しく、公式動画が上げられないグループが多発し、繰上当選のCY8ER。しかし某イベントで撮影した動画をTwitterに上げたところやたらとバズったのが今年の思い出。所謂、アイドル現場で若者受けするグループなのだが、まだまだおじさんも頑張ります。アイドルでは現場主義というこで、次点からのランクイン。
※去年と違い公式動画の制限があるようで、この先も公式動画はうまくリンク出来ない箇所もあります。ご容赦ください。

【9位】
恵比寿★マスカッツ/バッキャロー ※リンクは別曲

さすがにA●女優さんだけあって身体表現と魂の叫びに惹かれざる得ない。
今年、惜しまれながらも、テレビ東京系の「マスカッツ横丁」は最終回となってしまったが、何度この番組で嫌なことを全て忘れ爆笑できたことか。
ライブも下ネタ全開で、最高に面白いのだが、なぜだか楽曲のクオリティー高めなのも、特筆すべき。てなわけで、アイドルとは言い難いかもしれませんが、ランクイン。

【8位】
RYUTist/夢見る花小路

「りゅーてぃすと」と読みます。新潟は、なぜかアイドルが活性化していて、ほかにも、NGTやNegiccoが有名だが、YOTUBEの動画を眺めていたら、引っかかった。
ひと昔前なら、わりとオシャレ音楽と言われてもおかしくない曲なのだが、結局、音楽ビジネスが「アイドル」として、開き直って売った方がメリットがあるという算段なんだろう。何となく、新潟っぽい、ほのぼのとしたこところが魅力!

【7位】
BiSH/ありがとうおでん

先日、ミュージックステーションにも出演して、ブレイク中のBiSH。しかし、個人的には、肩ひじ張ったパンク/ロック色全開の曲よりも、これくらい力を抜いたほうがいい。
尖ったイメージとは裏腹に、意外とかわいく写ろうとしているあたり、女子の自意識を感じられて、なかなか愉しかったりする。
にしても、セブンやりやがったな。企業内の半ヲタ(因みにBiSHはヲタクのことを清掃員という)仕業だな、これは。

【6位】
アイドルルネッサンス/前髪

陳腐な言い方をすれば、青春の甘酸っぱさのような郷愁感。アイドル好きで知られるBase Boll Bearの小出祐介がプロデュースのオリジナル第一弾。
単に、海辺の街道でメンバーがじゃれ合っている姿を収めただけで、成立させるMVも涙なしでは見られない。そう、美しいものは加工しなくとも、美しい。
同シングルの「交換ノート」も秀逸だが、今回は「前髪」を選出した。

【5位】
SKE48/夏よ、急げ

48グループにおいて、ダンスのSKEと言われたほど、一生懸命に、全員の振りを揃えることを美徳としていたグループではあるが、ようやく「SKEらしくせねばならない」という共同幻想から脱却に成功した曲と言える。おそらく一発長回しで撮影されたであろう、
このミュージックビデオでの無邪気な笑顔、揃わないがイキイキとしたダンスは、過去の呪縛から逃れ、新生SKEとなったことを物語る。

【4位】
amiinA/Valkyrie~Callin'

あえて正統派アイドルと言いたい。奇をてらったコンセプトを打ち出すことの多い地下アイドルの世界だが、amiinAは王道を歩む。
今年ようやく、TIFなどアイドルイベントにも出演するようになったが、まだまだこれから伸びる。売れてほしい。
中盤のケルト音楽を思わせるアレンジもよい。蛇足ではあるが、2人組アイドルって最近珍しくって、未成年のメンバー相手に不謹慎なのだが、この2人の百合的展開を妄想してしまうのは私だけだろうか。

【3位】
lyrical school/つれてってよ

今年、大幅メンバーリニューアルしたリリスクですが、やはり安定感が違う。昨年は「サマーファンデーション」を1位とした私ですが、この曲もいい。
割と気だるい感じで進む曲調だが、サビ前の一文字ずつ、交代で歌うところとか、本当に気持ちいい。
アイドルラップでは盤石の地位を築いた次はフリースタイルダンジョンあたりに殴り込みをかけてほしいと切に願う。

【2位】
Maison book girl/faithlessness

徹底的にやりたいことをやり切りながら、ギリギリのところで商業主義と結託する。
12/28に行われたZepp DiverCityでの公演は、途中で曲をぶった切るし、轟音のノイズを大量に流すし、挙げ句の果てに、曲の途中で突然、客電が灯り、「本日の公演は終了しました」とメンバーの声でアナウンス。当然アンコールなし。と、こんな無茶苦茶なことをしながら、観客達は極めて満足気に帰っていく。
公演の最後のMCで、中心メンバーのコショージメグミが言う。「これがmaison book girlです。」と。
もうここまで来たら突っ走るのみだ。2018年こそは売れろー!

【1位】
欅坂46/エキセントリック

ギリギリのところで、ブクガを抑えての1位は、超メジャーアイドルの欅坂46。もうこの曲は100点満点。歌詞といい、楽曲といい、MVといい、全て完璧。損得と忖度で韻を踏むあたりも、2017年っぽい。
何だろう、2017年は全体的にも暗い曲が多かったが、これほどに鮮烈な言葉で、世の中に中指を突き立てたアイドル曲は見たことがない。
もはや秋元康が本当に歌詞を書いているのか疑わしいのだが、圧倒的な資本力でもって、このクオリティーを維持しながら、アイドルの頂点に上っていく様は圧巻というほかない。

ということで、今年はアイドル業界全体は下降局面のなか、欅坂だけが、もの凄いスピードで、駆け上がっていった一年だった。
(その余波を受け、中堅アイドルグループが次々と解散に追い込まれるという副作用もありましたが。)

まぁ長々と書きましたが、石神井界隈の酒場記事中心のなか、違和感のある記事もあってもいいのかなぁと思うわけで、これを機に、来年こそは、ヲタ活、酒場活、ともに充実させ、記事を上げていきたいと思います。きっと(笑)。

ではでは、来年もよろしくお願い致します!!

決定!!【さかばクン大賞 2017】狭山(中井)

お待たせしました。別に待ってない(^^;

さかばクンが2017年はじめて訪れたお店のなかから大賞候補にノミネートされたお店は、大衆酒場、居酒屋、ラーメン、町中華、ランチなど・・・

32店。

そのなかから、

【さかばくん大賞 2017】の栄冠に輝いたのは・・・・・

中井「狭山」で~~~~~す!

さかばクンが2017年に初めて訪れたお店のなかでは、
やはりこの店がダントツで強烈過ぎました💥😨


とにかくこの「狭山」は、入ってビックリ、飲んでビックリ!

ものすごく入りにくい外観なのに、勇気を振り絞って入ってみると実に居心地がいい。
おしゃべり好きの大将がずーっと喋りっぱなしで客を楽しませているのだ。

お喋りが過ぎて客のオーダーを忘れちゃうことは当たり前。
カウンターを埋め尽くす常連さんたちはいつものことだとあきらめている。

常連さんが多いとなかなか居づらいものだが、
「狭山」は一見にもあったかい雰囲気を大将がうまく醸し出してくれていて、
すぐに常連さんとも和んでしまった。

こういう光景を見ていると、まさに絶滅危惧種の"昭和酒場"と言っていいだろう。
まさに大賞にふさわしい酒場だ。

そして、大将がこしらえる料理はどれも250円~400円とあり得ないほど安く、
どれもこれも(意外とw)美味しいのだ!

しかも、大将はお店にいるのが大好き、お客さんが大好き、おしゃべりが大好きなもんだから、ほぼお店は休みなしなんだとか。

そんで営業時間も14時からだという。
でも昼前に常連さんが顔を出しちゃうから11時には開いているんだって・・・

なんじゃそりゃ(゜д゜)

それでいて、大将は下戸だってんだから、それも驚きでしょ(笑)

お酒は、SAPPORO黒ラベルって時点でポイントが高いし、
寶焼酎の水位もまぁまぁ高い。

日本酒は「一ノ蔵 無鑑査」の一升瓶が並んでいるから、常温、熱燗なんでもござれだ。
そのへんも意外とちゃんとしてるのだ(笑)

まぁ、とにかく、この店にいるといつの間にか大将の世界に引きずり込まれ、
ずーっと笑わされることになる。


そんな「狭山」には大賞とともに、
大将に「酒宴男優賞」も贈呈したい。

トロフィーも賞状も副賞もございませんが、㊗W受賞おめでとうございまーす!


********************


そして、「狭山」ふたたびの登場。

少し前の訪問となるが、このときは中井での飲み会の前に"準備運動"で立ち寄ったのだ。

初訪はT氏と一緒だったが、
2度目はさかばクンひとりで入った。2度目も結構勇気がいったよ。。。

この日もカウンター席は常連さんばかり。

しかも前回お見かけした方ばかり。
やはり狭山のレギュラーメンバーはほぼほぼ決まっているようだ(笑)

ほらね。
営業時間も2:00~って書いてあるし、「一ノ蔵 無鑑査」の一升瓶が並んでるでしょ。


大将はちゃんと私のことを覚えていてくれて、この日も楽しいトークがはじまる。

焼き台はあるが、串焼きは火曜だけってのもなんとも「狭山」的といえよう(笑)。

金華さばの塩焼きが350円とかって、やっぱりおかしい

安定・安心の黒ラベル
カウンター上にはあらかじめ準備された寶焼酎の入ったタンブラー。


私が頼んだのは水餃子
250円で水餃子と長ねぎ、豚肉が入っている。


「狭山」はハプニング満載の"ハプニングサカバー"だ。

前回は、マシンガントークが炸裂しすぎて大将の入れ歯が宙を舞うという珍事が発生。
これには常連さんも「こんなのはじめて~!」と大興奮だった。
(こんな珍事さすがに載せていいものか悩んで初出では書かなかったw)

そして、今回のハプニングはというと・・・

店内にはCDラジカセのCDでBGMを流しているのだが、
その年代物のCDラジカセが停まってしまったのだ。

どうしたものかと常連さんと相談していたら、
「洗えば直ると思うよ」と大将。
おもむろにママレモンを取り出してCDを洗い始めたのだ。

えーーーーーっ!
マジっすか!

洗い終えてよく拭いたCDをラジカセに戻す。

♬~

直ったわ~~~~~\(^O^)/


焼き物から出る油分が店内に充満。
それがCDに付着し、回転しづらくなってんだな。

直った瞬間、店内大爆笑。

昭和の電化製品はよく叩いて生き返らせたものだが、
CDラジカセに原因があるのではなく、
まさかCDをママレモンで洗って直しちゃうとは。。。

やっぱり「狭山」は面白い😊

来年もときどき大将のマシンガントークを聞きに行こう。


狭山
新宿区中落合1丁目17−11
電話: 03-3950-8293(←店内の黒電話が鳴るはずです)

2017年のさかばクンはこれが「記事納め」
本年もご愛読ありがとうございました
みなさまどうぞ酔い年をお迎えください🙇



2017年12月30日土曜日

【年末スペシャル特大号 新橋編】野崎酒店は日本酒天国だ!!!

こんばんは。クマノミです。

忘年会ラッシュが終わり

今年もあとわずか。

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日のレポは、
来た!来た!来た!!
ついに来てしまった~!!!!
グダグダオヤジのまち、新橋🍶でございます!!!


今日は年末ということで、スペシャル特大号
いつもより

ボリューミーなレポをかまします!


そして今夜のお店はコチラ~!!

「地酒専門 野崎酒店」!!


人気のお店らしいが…

既に満席じゃないか~!!😭


ダイジョブ、ダイジョブ!!今夜は予約済み!
今夜は呑み友Yさんのエスコートでございます♪

この演出!!のっけからイイね、イイね!!


落ち着け!落ち着け!カメラがブレた😂


冷蔵庫が階段の横にも!!相当の銘柄があるらしいぞ!!



あれっ、地下に通じる階段が!!
もしかしてだけど、もしかしてだけど、
この先にはきっと天国が待ってるんじゃない!?!



コチラも既に満席じゃないか~!!😆


予約してもらって良かった!!
まずは瓶ビールで


乾杯だ~!!!!!カシャーン!


店の壁には旨そうなメニューがズラリ!!
これだ、これが新橋なんだ!!😭


うっひょ~!!😝


メニューを拝見。どれもこれも美味しそうだな~



まずは、熊本の馬刺しと、酒菜五種盛りをオーダー。




酒肴の五種盛り!!
マグロのぬた、ホタテのしんじょ、真鯛のカルパッチョ、
さわら焼き、真鯛の鱗!



落ち着いて壁に目をやると、天明のサインも♪




太刀魚のチーズ巻き揚げ!


ちゃぽん!!く~っ😋



さぁて、そろそろ本題に入りますか!!
この野崎酒店、
地酒専門というだけあって、150種類以上あるらしい😍













まずは、プライベートブランド!!野崎酒店から!!

こちらは春霞で有名な、秋田の栗林酒造店と提携した
このお店のプライベートブランド!!

ここでしか飲めません!!しかも旨い!





智則もオーダー。こちらは月山の純吟「直汲み中取り」♪
とにかく旨い酒が入ってるよ。


美女がその都度、ついでくれる!!
これだ!これが、新橋なんだ!!!






日本酒愛!というお酒。
こちらは、この店のスタッフ7名が
企画から仕込み、搾りまでをやったという酒!

まさに 愛だ!






Mari!こちらは幻舞の大吟醸!
女性杜氏がつくる逸品!



日本酒を飲むと、こういうメニューも恋しくなるのよね~!!




999「LUCKY NINE」
こちらも栗林酒造店の限定酒!

右は、花陽浴 店長の隠しラベル)



もちろん、既に感動で
涙腺は決壊しています!!😭













焼酎が好きな方も大丈夫です!!魔王も飲めるし♪



いや~、料理もおいしかったし。
日本酒の品揃えは、おそらく新橋界隈では
ナンバーワンじゃないだろうか。
ホント素晴らしかった!

今年の忘年会レポにふさわしいお店でした!!
と言っても、大晦日まで呑みますけどね~😜

野崎酒店
住所:東京都 港区 新橋 3-19-4 新共ビル1F
電話:03-6430-3329
[月~金]17:00~23:30
[土・日・祝]16:30~22:30
日曜営業






【さかばクン大賞 2017】今年初訪の店から32店を厳選。大賞はどの店に!

今年からはじまりました【さかばクン大賞 2017】

まずは2017年をふりかえり、
さかばクンが2017年にはじめて訪れたすべてのジャンルのお店から大賞候補をセレクト。
※2017年オープンのお店に限るという意味ではありません

このノミネートされたお店からさかばクン大賞1店だけ選びます。

部門別にノミネートされた候補店は以下の通り。

店名をクリックするとそれぞれの掲載記事に飛びます!


■毎日通いたくなる"大衆酒場・立ち飲み"部門

お多幸支店(上板橋)
創業50年以上のおでん屋さん。
注文を受けてから作るポテサラも絶品!
今年の「酒宴女優賞」はこちらの名物女将だな。

狭山(中井)
「酒宴女優賞」がお多幸支店なら、「酒宴男優賞」は「狭山」の大将で決まり!
トークがとまらない大将がオーダーを忘れるのは毎度のこと。
2017年もっとも衝撃的で、もっとも爆笑したお店。

もつ家中嶋(所沢)
こちらの常連コミュニティは、もつ「家」の名にふさわしく、「家族」のよう。
所沢のホッとする立ち呑みは、キンミヤの消費感覚が麻痺するほど楽しい。

大衆酒場BEETLE(五反田)
チェーン系で今年一番の衝撃を受けたお店がこちらBEETLE。
まさに呑兵衛の気持ちをよくわかってらっしゃる"ネオ大衆酒場"だ!

山田屋(王子)
創業80年以上のシーラカンス酒場。
こういう酒場で毎日かっこよく飲めるおじいさんになりたい。

うけもち(水道橋)
立ち呑み群雄割拠の水道橋でキラリと光る300円均一のお店。
スパサラのボリュームに度肝を抜かれる。
セルフの焼酎システムも面白い。



■"ちょっといい居酒屋"部門

青柳(高田馬場)
まずは「宮内庁御用なし まずい魚」の自虐的な看板が目を引く。
兄弟で営む海鮮メインの居酒屋はデートでも接待でもひとり飲みで対応可。
白木のカウンター・広すぎない店内・揃いのいい日本酒はさかばクンのツボ。

一龍庵(池袋)
池袋にありそうでなかった銘酒居酒屋の新店でおためしコースをおためし。
水・木のランチタイムは「麺処一龍庵」に変身する。

酒とあて 醸す(阿佐ヶ谷)
阿佐ヶ谷南口にある日本酒バー。
店主タキさんが作る粕漬けは絶品!
日本酒がとまらない。

その田(大井町)
鳥料理専門店。
鳥刺し、鳥レバ刺し、ひな鳥素揚げ、美味すぎる!
接客に難ある練馬の有名店◯◯とは違い、電話予約のときから神対応。

岳志(東小金井)
ヒガコにある気取っていないオトナの居酒屋。
こういう居酒屋が石神井にあったら通い詰めちゃうんだけどなぁ。

青鋼(新井薬師前)
地階に広がる日本酒ワンダーランドは、
キッズスペースを備えた家族連れに優しい銘酒居酒屋。
魚介系が充実!

ぼんぼり(東長崎)
内装も器もシンプルでスマート。
奇をてらわないスタイルに好感が持てた"いまどき居酒屋"。
再訪したいのにまだできていない。

よってけ酒場(上石神井)
かみしゃくでふらっと見つけた"良酒場"。
黒板メニューを観ただけで一目惚れしてしまった。
こちらも再訪できてないのが残念。。。

 
■"ラヲタなさかばクン"部門

元祖台湾ラーメン味世(石神井公園)
台湾ラーメンの元祖名古屋「味仙」の味を受け継ぐ「味世」。
ほんとに石神井に来てくれてありがとう!
ヤマピカちゃんもすっかりヘビロテ店になってます(笑)

かしわぎ(東中野)
今年出会ったラーメンでもっとも美しいと感じたラーメン。
ラヲタをざわつかせた期待の新店だ。

麺屋 瑞鳳(田無)
上質の天下一品!?
洗練された濃厚鶏白湯はクセになる味。

中華蕎麦はる(下井草)
無化調ラーメンの新店。
季節に応じた具材を巧みにつかった麺とごはん提供する。


魚介とんこつらーめん 晴れ空(大泉学園)
海老と唐辛子をかけあわせた激辛パウダー入りの激辛とんこつラーメンがオススメ!
BABYMETAL激推しのお店。

麺屋悠(大久保)
「御膳みそ」を使った味噌ラーメンは今年の味噌№1だった。
ラーメン激戦区の大久保でもっとも薦めたい店。

本格中華蕎麦 ゆるぎ(野方)
麺屋こうじグループの新店。
真っ黒な醬油スープは鶏の旨味がよく出た真摯なスープ


■昭和の香りが漂う"町中華"・"食堂酒場"部門

舞香(恵比寿)
食べラー発祥の店とも言われる恵比寿の名店。
スターダストのそばにあり、芸能人も食べに来るかも!?

善の家(江戸川橋)
"飲める町中華"の神髄のようなお店。
焼きそば、オムライス、美味かったなぁ~


十番(東中野)
タンメン・餃子のタンギョーで知られる有名店。
明大中野時代の若貴が愛した町中華としても知られる。


味楽(東中野)
ガテン系と近所のオヤジで賑わう大町通りにある町中華。
まだまだ底知れぬ力を秘めていると確信する最終兵器。

いしはら食堂(三鷹)
朝6時から営業の大衆食堂。
朝飲みはしなかったけど、これで520円(税込)!


■昼からガッツリ"ランチ"部門】

立ちスパアッパーカット(高田馬場)
店主は元ボクサー。
ミートソース専門ロメスパ店でノックアウト!


江戸富士(御茶ノ水)
ランチの海鮮丼の迫力は圧巻!
「インスタ映え」を狙うならばこの店だ!


焼肉 縁(石神井公園)
石神井にこんな超弩級のランチを出すお店があるとは。
ぜひ、『まんが日本昔ばなし』盛りの「特盛」ごはんにトライ!


めし処 こづち(恵比寿)
恵比寿の「良心」とも言える老舗大衆食堂。
最高値のとんかつカレーは破壊力も最高値。


ゆらが(多摩センター)
良質の洋食ランチをきちんと堪能できてこの値段とは。
多摩地区最強コスパの洋食店だ。

■どこにも当てはまらない部門

大森喫茶酒店(大泉学園)
「喫茶店」と「大衆酒場」のハイブリッドという新業態が
若きイケメン店主とともに突如大泉学園に降臨したことは、
2017年石泉地区最大の"飲パクト"であった。

以上、32店。
32店もノミネートって多っ!(笑)だって、いいお店ばかりなんだも~ん。

さらに、もったいつけて・・・😜
【さかばクン大賞 2017】の発表は明日!