2018年1月31日水曜日

【復活メシは"しょうが焼き"】お食事の店 和(石神井公園)

いやぁ~長かった。
こんなにもインフルで苦しむとは。

まるまる5日間も寝込んでしまった。
ようやく平熱に戻り、医師の許可も下りたので明日からいよいよ出社だ。

よ~し、社会復帰に向けて気力も体力も回復せねばならん。

昼はパンチのある"復活メシ"を食うぞぉぉぉ!

どこで食べようか《さかばクン㊙宿題店リスト&マップ》とにらめっこして決めたのが、
「お食事の店 和」だ。

お店は、光和小学校の前の道を三原台方面へ進んだ左手にある。

北口側、とくに三原台方面はまだまだ攻めきれておらず未開の店が多いのだが、
この店はバスの車中から見つけて前々から気になっていたお店だ。

時計は11:30を過ぎたころだったろうか。

店の入口ではおばちゃんが掃除をしている。

「入れますか?」

「はい・・・」

なんともそっけない返事ではあったが、
大丈夫とのことなので店に入ると口開けの客だった。


カウンター席とテーブル席とあったが、まだ空いていたので2人用のテーブル席に座る。

卓上にメニューはなく、
カウンター上のプレートやボードがすべてのメニューと言うことらしい。

チキンカツ・しょうが焼き・からあげ・アジフライ・赤魚粕漬け・ほっけ・・・・・・
なかなか魅力的な定食が並んでいるのう。

揚げ物という気分ではまだなかったので、
ここは私の元気が出るメニュー「しょうが焼定食」に決めた。


「すみません、しょうが焼、大盛でお願いします」厨房に向かって叫ぶ。


すると、キッチンにいたおばちゃん2人、私の入店に気づいていなかったみたいで、
一瞬驚いたような表情を見せる(^^;

病み上がりでどうやら生体反応が弱いのかも知れない・・・微妙に凹む(笑)

そして、気持ちよく炒める音が聞こえてきたらほどなく、
しょうが焼定食(750円)+大盛(100円)がやって来た。

生姜焼き、キャベツ、昆布の佃煮、お新香、具だくさんお味噌汁



そして、こちらが大盛にしたライス。
なかなかのてんこ盛りじゃないか♪


となると、小鉢の内容がもちっと充実しているとごはん的にはなお嬉しいんだがなぁ~



よ~し、マヨの力を借りて、この大盛ライスを制覇しちゃる。

「マヨネーズってもらえますか?」

するとキューピーがど~んと登場。

遠慮なくドバドバ出して、しょうが焼をマヨまみれにしながら、ごはんをがっつく。


いやぁ、しょうが焼きの味付けがほどよくお母ちゃんの味って感じでごはんが進んだ。
インフル開けとは思えぬほどあっさり完食してしまった。

これで明日から元気に復帰できそうだな♬


お食事の店 和
練馬区石神井町2丁目33-26



2018年1月30日火曜日

【(S子さん寄稿)いつもおせわになってます】呑み処 あかり(石神井公園)

喜酔人ブログで度々登場するS子さんより寄稿頂きました(第2弾)。ヤマピカリャーが代行アップ致します!
===============

今日はちょっと飲みたいなぁ、というとき、S子はよーく呑み処 あかり行きます。


ちょっと奥まったところにあるのでなかなか入りづらいと言われますが、気さくなママが一人で頑張っている、ホッとできるお店です。


まずはおつかれセット
生ビールにちょっとおつまみがつくのですが、これが美味しい。


で、本日のメニューをじっくり眺め、どれにしようかな、と悩みます。日替わりメニューが8品くらいあるので、いつも新鮮な感じです。


これだ、と決めて頼むと「あー、それもうないわ」と言われてしまうこともあり、ドキドキしながら頼みます。

ママのご飯は全部手作りです。お母さんが作ってくれたみたいで、しかも、とても美味しいんです。

食欲をそそるひとくちステーキ


豚バラ白菜鍋

これ美味そうやな。。。(ヤマピカ心の声)

おでん



おでんは週末のみです。しみてておいしい。

常連さんもいい人ばかりなので、居心地がいいのです。

いつもお腹も心も満たされ、帰路についてます。


店名:呑み処あかり
住所:練馬区石神井町6-17-35久野ビル
TEL:03-6767-0508

2018年1月29日月曜日

【大雪ニモ負ケス飲ム】中華と麺 四季(石神井公園)

昼ごろから降り出した雪はどんどん勢いを増し、
あっという間に東京都心も一面の銀世界。

となれば、雪に滅法弱い大東京は、瞬く間に大パニックに陥る。

さかばクン、よりによって、もっとも混乱のひどい駅のひとつだった渋谷に用があり、
渋谷から石神井への帰還を目指す。

どうにかこうにか副都心線に乗り、和光市行きの通勤急行が出発したものの、
ノロノロ運転だ。

池袋で降りて西武線に乗り換えるべきか。
このまま小竹向原まで行って西武線に乗り換えるべきか。

しかし、小竹向原で西武線直通がやって来るのかもよくわからない。

すると、ヤマピカちゃんのTweetが飛び込んで来た。

なんと!
ヤマピカちゃんは有楽町線に乗っていて
小竹向原経由で石神井を目指しているとのこと。

どうやらヤマピカちゃんの情報だと池袋駅も大混乱しているらしく、
小竹向原経由の方が無難だということで、池袋はスルー。

おっ?
もしやちょうどいいタイミングで小竹向原でヤマピカちゃんと合流できんじゃね?

・・・って思ったら本当に合流できちゃって(笑)、
そのままふたりで石神井にたどり着く。

夕飯もまだ食べてないし、長時間にわたる決死の帰還でヘトヘトだし。。。

せっかくこの大雪の中、遭遇できたんだから、
「それなら一杯行きますかぁ!」ってなるよね♪


それにしても、ここはいったいどこなんだ。
ながく石神井に住んでいるが、ここまで積もった雪は記憶にない。


電線なんて、もはや雪国の商店街みたいな絵面になってる(笑)


すでに帰宅していたきんぐちゃん、S子ちゃんも合流することになっており、
「四季(スージー)」で集合となったのだ。

すると、ちょうどS子ちゃんもお店の前に着いたところだったが、
大豆さんはお隣の「須みず」に入るところだった。

"大雪ニモ負ケズ"飲んじゃうんだから、お互いどうしようもないな(笑)


さぁ、あったまろ♨


#雪疲れ乾杯
いやはやほんと疲れたよ。。。


中華は大勢いるとあれこれと頼めるから楽しいよね。


イカ団子と砂肝揚げ

豚耳

茹で豚

かきとニラの炒め

紹興酒を熱燗でキュッといきたくなるよね。


ザラメをちょっと入れてね。


回鍋肉

麻婆茄子

かに玉



〆は「にらそば」を4人でシェアする。





しかし、驚いたことは、「四季」で食事をしている間、
店の前を知り合いが何人も手を振りながら通っていったことだ。

みな、となりの「須みず」に飲みにいくようだ。
この大雪も酒の肴にして楽しんじゃうんだから、
みんな好きだよねぇ~(笑)もちろん我々もね(^^



中華と麺 四季
練馬区石神井町3丁目18-16
03-3996-1567


********************

しかし、このあと、さかばくんには灼熱地獄が待っていた。

翌朝、張り切って早起きして、ひととおり雪かきをしてから出社。
職場の雪かきにも精を出したのち、帰宅。

その晩は家でふだんどおり晩酌もしたのだが、夜中から発熱。

朝、病院に行くと・・・しっかりインフルB(+)

長男、ぴょんさんと罹患していたので、いよいよ私にも回ってきたわけか。。。

ここから苦悶の5日間がはじまるのだった。



2018年1月28日日曜日

久しぶりのラーメンからの豚汁&トンテキ

先日、さりげなく誕生日だったこめまるです。

この年になると、誕生日を迎えても嬉しいわけでもなく、かと言って悲しいわけでもなく、何かをカウントダウンしてるような心中もありつつ、何気にやり過ごす感覚が強いですかね。年を取るのが嬉しかったのは、いつまでだったかなあ。(遠い目)

以下、家人の反応。

妻「誕生日か。上限3,000円で何か買ってもいいわよ。夕食はせっかくだから自分で食べたいもの作れば?」

3,000円の臨時収入はありがたいけど、夕食はしょっちゅう作ってるんだよなあ。

子供「おとう誕生日だよね。ケーキ買って来て」

ケーキの口実に過ぎないというわけか。しかも買って来させるのか。

まあ何でもそんなもんや。(達観)

この日の用事も上の子の財布役でした。

まずはラーメン。

池袋はひむろです。


まず目に留まったのはさかばクン推しの赤星。


こっ、これは!

昼ビール行っとく??

・・・

・・・・・・ま、寒いからよしとこう。

夕方食事作ることになってるし。ピアノの練習も残ってるし。

と華麗にスルー。

普通にラーメンを頂きます。昼ラーメン食べるために朝食を抜いた少食のこめまるです。

上の子の味噌ラーメン。味玉とメンマ追加。


自分のキムチラーメン。味玉追加。



下の子の醤油ラーメン。味玉、ネギ追加。(下の子謹写)



食べログの評価はソコソコですけど、普通に美味かったです。チェーンのラーメン屋もレベルが上がってるんですかね。過当競争の結果か。うーむ。満足しつつも複雑な気分。

帰宅してピアノ練習したりブログなどものしたりしつつ、余裕を持って調理に着手。

まずは豚汁。せっかくなのでパーフェクトな豚汁を目指しました。

ごぼう。白菜。大根、人参、油揚げ、舞茸。


豆腐。里芋。


そして肉。



味噌を入れたら完成。

そしてトンテキ。

安かったからです。


まずは玉ねぎを炒めます。


ケチャップと中濃ソースで下品に味付けします。下品だなあ。と思いながらドバドバかけるのがコツだと思います。


豚を焼きます。


中火で焦げ目をつけたらひっくり返し、弱火にして落し蓋して火を通します。


仕上げにピーマンを追加したソースを絡めて火を通します。


その結果。

パーフェクト豚汁はどうだったか。

ここは村上春樹のセリフをお借りしましょう。

「完璧な豚汁など存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」

なるほど。確かに若干の問題があったかもしれません。豆腐が不要あるいは量が多過ぎた。けんちん汁のようだ、という声が上がりました。美味いことは間違いありませんでしたが。

トンテキはどうだったか。

ここは井之頭五郎さんの評価を聞きましょう。

「うーん。豚汁とトンテキか。豚と豚でかぶってしまった」

はい。残念でした。家庭料理は安い素材をメインに組み合わせるので、かぶるのは当然です。

トンテキは火の通し方が難しいです。厚切り肉は結構高くて調理に慣れないからですが、その点は今回は上手くいったように思います。

以上でした。