2018年1月22日月曜日

【"SAPPORO★欠乏症"】もつ焼き 青角(富士見台)

加賀山大将との富士見台3軒目は同業の「もつ焼き 青角」へ。

私はオープンしたばかりの頃に来て以来だから4年近く来てなかったんだな。

実は、ここまで2軒、SAPPROに出逢えていないのだ。

ぬぅおーーーー!
SAPPOROが飲みたいぞぉぉぉぉぉ!

「青角」なら間違いなく赤星がおいてあると思い、3軒目はこちらにしたのだ。


ビンビールが赤星なのだ。



やっとSAPPORO
それも赤星にありつけたよ~(笑)

今日は1軒目キリン→2軒目アサヒだったものね。


「そういえば、大将の一番好きなもつ焼きってなんですか?」

「タンだよ」

へぇ~ 
私も毎回加賀山でタンは頼むが、大将もタンが一番好きだったんだぁ~
なんか嬉しい。


タン・カシラ


煮込み
「とろけるほどやらかいね」って大将、喜んでた。


つくね山椒焼き(手前)とノーマルのつくね(奥)
ナンコツいっぱいで食感がいい。
青角のつくね美味しいよ。


ひざなんこつ唐揚げ


壁際に置かれていたソース。

ジャンキーの極み「ペヤング」と
美智子様のご実家であるロイヤルブランド「正田醬油」がコラボするとは!

なんなんじゃこりゃ(笑)


黒ホッピー飲みながらだんだん調子が出てきた大将。
ふだんお店ではしないお互いの仕事や家族のことなど話せて良かったな。

すると今度はちかちゃんの調子がよろしくないとの連絡があって、さくっと切り上げる。


おとなりは、石神井にある「NOODLE DINNING03」の系列店「二代目油そば つよ志」。


駅前でお薬を買って急ぎ石神井に戻る。

この時点で明日の加賀山"緊急登板"の可能性を感じたさかばクン。

さっそく心の準備にはいるのだった(笑)



もつ焼き 青角
中野区上鷺宮4丁目16-19



2018年1月21日日曜日

高田馬場マイルストーン

こんばんは。腰に違和感が出てきたこめまるです。

これまで全く健全だった箇所がちょっとしたことで痛み、痛くない時にも痛みの予感があります。

急激に歳をとった気がします。

これから色々ガタが来るんだろうなあ。

おっと。 ネガティブな話はそこまでだ。

今週は白菜と大根の浅漬けにハマってまして、2回ほど繰り返して作りました。

喜酔人ブログに投稿をしようと写真も熱心に撮影してみたものの、出来上がった写真が地味極まりない。

地味な写真を押してまで書きたいメッセージも特になく、白ごはん.com のレシピが簡潔にして必要十分であり、ここを紹介すれば話が済んでしまう。

簡単!白菜の浅漬けのレシピ/作り方

ということで本日は料理ネタでのブログ更新を諦め、ジャズ喫茶詣でに出かけました。

ということでこの投稿もジャズ話となります。
悪しからずご了承下さい。


高田馬場戸山口を出ます。


5分ほど坂を上がれば・・・ 


マイルストーン。(点字図書館はちょっと寄り道にあります)



若干入りにくい入り口。中に入ってみたら意外と広々でした。

そして何だか懐かしい雰囲気。昔はこういう喫茶店が住宅街の中にポツポツとあったような気がするなあ。

ジャズとコーヒーが売りとのことです。カフェインに弱い体質で、コーヒーは朝すでに一杯飲んでいたためギネスをチョイス。


いい音でジャズを聴きながら、つらつらと考えるは半年前から習い始めたジャズのことです。


ジャズのアドリブって、適当にやっているようで、実はバッチリ理論に裏打ちされているんです。

コードの流れがあって、コードにぶつけるテンション(b9th, 9th, #9th, 11th etc.)があって、個々のコードや特定のコード進行に相性のいいスケールがあって、それを元にアドリブが構成される。


「ここはドミナント7だからオルタードで攻めて」とかそんなこと考えながらアドリブするとかありえないだろう。どこにそんな時間があるんだ?と最初は信じられなかったのですが、どうやら理論が血肉化すれば「ちょっとそれっぽいことを考えるだけで指が動く」状態となり、そういうアドリブが可能になるらしいと、少しずつ見えてきました。

何とかその域に辿り着きたい。今は必死でコードを覚えようとしているところです。これがまた奥が深い。


ようやく7thコードを12キーで、左手で何とか弾けるようになった状態ですが、まだまだ先は長い。

左手でコードが弾けても、両手で弾くのとはまた別の話です。

左手で1、7右手で3、5とか(C7なら左がドbシ、右がミソ)、左で13右で79とか(同じく左でドミ、右がbシレ)組み合わせると大変な数の指の動きを身に着ける必要があります。

そこに9th(#/b/Natural)、11th(#/Natural)、13th(b/Natural)のテンションが絡んでくるんだからそら大変ですよ。

ジャズの基礎レベルの作曲理論って数学的に美しいし楽しいし(ロックンロールのアドリブだったらちょっとした知識だけでわりと出来ると思う)、義務教育できっちりやってもいいんじゃないかな。とりあえずカッコいいコード進行とカッコいいスケールを教えて、皆でノリノリで音出そうぜ!っていう授業があったら楽しいよね。

今まさにそんなジャズのレッスンを受けて、苦しみつつ楽しんでいるこめまるでした。

【逸品げんこつハンバーグ】BAMBOO 513(富士見台)

「もつ焼加賀山」の大将と富士見台2軒目は、
本日の目的地である「BAMBOO 513」

富士見台駅から練馬高野台駅方向へ伸びる「ほんちょう通り商店会」をぐんぐん進み、
1軒目で入った「中華料理 純華」、さらに「松寿司」などを過ぎた右側にある。


大将の同級生の後輩が11月にオープンされたお店だ。


店内はオシャレなL字カウンター。
入口にはソファもある。ここも席として使えるのかな?

カウンター席に座る。

先客に女性がおひとり。
風邪が治って、「ママさんのごはんを食べに来ました~」とのこと。

たしかに女性ひとりでも入りやすい明るくきれいな店内だし、
奥様とおしゃべりが弾んで居心地がいいんだろうな。

なんでも苦手な人参もママさんのお料理だと食べられるんだとか。
今度は「加賀山」のポテサラ(人参入ってます)も食べに来てね




フードは手頃な値段で、
居酒屋的メニューからステーキやチーズタッカルビまで幅広い。


「給食練馬パスタ」がどうにも気になったが、
どんなものなのか聞くの忘れちゃったなぁ~


定番メニューの他は、店内の大きな黒板にオススメが書かれている。


私は生ビール(大)、まだへこたれている大将は生ビール(中)。
こちらのビールはAsahiのスーパードライだ。

大ジョッキはなかなか背が高くて飲み甲斐のあるジョッキだ。


「ご主人の先輩と同級生で石神井公園のもつ焼屋です」と奥様に自己紹介する大将。

さらには「おとなりは有名ブロガーのさかばクンです」だって。

うわ~、いきなり小っ恥ずかしいじゃないの。
有名でもなんでもないんだから、いきなり変なハードル上げないでよ~(;゜ロ゜)


ご主人はまだお仕事から帰られてなくて、お店は奥様がひとりで切り盛りされていた。


お料理をオーダーしたら、
「こちらを先にどうぞ」とお新香をいただいてしまった。


鯛とサーモンとびんちょうまぐろ

生魚好きとしては、お刺身があるとやっぱり嬉しいんだよね。


こちらがBAMBOO名物の「げんこつハンバーグ」
80gとあるけど、大きく見えるなぁ~

前述の女性は、
こちらにごはんと味噌汁をつけてもらって定食にして召し上がっていた。

それそれ♪
その気持ちよくわかるぅぅぅ。

これは白飯が欲しくなるよ。


チーズたっぷりで温野菜もしっかり添えられて500円ってのはお得だ。

1200円の「スペシャルハンバーグ」ってのもあったけど、
どんなにスペシャルなんだろ。


野菜炒め
おりしも野菜の高騰のさなか、しっかりビタミン補給せねば。

緑茶ハイ

しばらくしてダンディーなご主人が帰ってらした。

「いまはまだダブルワークなんですよ」といいながら、
すぐにレコードとヘッドホンを手に取り、お気に入りの音楽を店内にかける。

かっちょいい。

セカンドライフは、
奥様とこのお店をやりながら好きな音楽にいつも触れていたいんだろうな。

店内を流れているレコードのジャケットがここにかけられる


そして奥様は、
富士見台の人気店「肉の越後屋」「ビーフギャラリーエチゴヤ」がご実家なんだって。

なるほど!
奥様がお料理上手なのは"エチゴヤDNA"だったんですね。

でも、すんません。。。
さかばクン《エチゴヤグループ》未訪なんで、
今度「カレーショップエチゴヤ」さんからデビューします(^0^;)

それと奥様はず~っと幼稚園の先生をされていたそうで、
あの黒板のきれいな字はそれだからか・・・とこちらも妙に納得。


お会計を済ませ失礼しようかと席を立つと、
「ぜひ2階も見てください」とご主人。

なんでも宴会ができるお座敷があるという。


うわぁ~!

こたつの置かれた和室が二間とその中間に一間あるぞ。


これは、なんか楽しいイベントができそうなスペースではないか。


酔ったら、このまま泊まりたくなっちゃいそうだけどね(笑)


「BAMBOO 513」
店名の由来は、ちゃんとお聞きしましたよ。

苗字に入る「竹」からBAMBOO。

うん、これはまぁ想定内ですな。

じゃぁ「513」は???



5月13日が結婚記念日なんですと。

ひゅ~ひゅ~😘
素敵

ごちそうさまでした。


BAMBOO 513
練馬区富士見台2-18-25
17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:日曜・祝日

2018年1月20日土曜日

【大将と町中華で準備運動】中華料理 純華(富士見台)

「もつ焼加賀山」の大将から
「同級生の後輩が富士見台にお店を出したんだよ」との情報を教えてもらった。

11月にオープンしたばかりということで、ググっても情報が皆無だ。

これはいそぎ「材」に向かわねば。

「今日、教えてもらったお店に行ってみますね」と大将にメールしたら、
「お供していいですか?」と返信。

ほら、絶対そう来ると思ったよ。
だって、加賀山の定休日狙って連絡したんだから(笑)

ということで、
ちょっと下地を作ってからそのお店に向かう算段にして17時富士見台駅に集合となった。

前日、「加賀山」はご常連さんたちとの「酒団邦人 生麦酒美味研究会」を開催し、
ボーリングとビアホールで盛り上がっていた。

私もボーリングの腕前には少々自信があるので、ぜひとも参加したかったのだが、
娘が頑張ってセンター試験に挑んでいるときに、
オヤジが玉転がして楽しんでいるわけにもいかず、今回は欠席したのだ・・・

でも、大丈夫!

喜酔人メンバーからはクマノミさん夫妻が参加したので、
その様子はすでにクマノミさんがアップ▼してくれている。



前夜のボーリング&ビアホールでハッスルしまくった大将は、
完全にグロッキー状態で富士見台に現れる。

聞けば、ビアホールの後半から記憶がぶっ飛んでるらしい(笑)
でしょうね・・・てばちゃんからリアルタイムで送られてきた2次会の大将、やばかったもの


まずは、目指すお店のそばにある小さな居酒屋さんで準備運動しようと思ったら
《しばらくお休みします》の貼り紙。

最近、こんなのばっかしだわ。。。(^_^;)

「それなら餃子とビールで準備運動にしますか」

「中華料理 純華」にはいる。


いかにも町中華っていう店内の趣き。

まずはビールをもらおう。
キリンラガーってのも町中華らしくていい。

乾杯!



餃子と春巻きをオーダーした。


春巻はあらかじめカットされて提供だ。


わりと餡の味付けの主張が控えめな春巻だな。


お、きれいな焼き上がり。
これは見るからに美味そうな餃子だ。

オーダーを受けてから包んでいたんじゃないかな?


ルックスからはもうちょっとジューシーなのかと思ったけど、
シンプルに美味しいわ。


それにしても大将、本来の調子が出ないようだ。

なかなか箸は進まないし、ビールのコップも持ち上がらない。
相当ダメージがでかいらしい。
どんだけ飲んだのよ、美味いSAPPOROを(笑)。

その結果、餃子も春巻もビールもほとんど私が平らげたような・・・(^_^;)

ごちそうさまでした!



石神井公園駅周辺はすっかり町中華が絶滅寸前だけど、
富士見台周辺ってなにげに町中華があちこち潜んでいるんだよね~

このあたりを攻めていくのも2018年の課題だね。



中華料理 純華
練馬区富士見台2丁目19−16
電話: 03-3990-5463